« 13番の活躍 | トップページ | 時のマジック »

螺旋

rasen東京では、曇ったり晴れたりでイマイチはっきりせず、蒸す日が続いている。数値的には気温も湿度も真夏のころほど高くはないが、梅雨どき特有のねっとりした感じがなんとも気持ち悪い。

台風も発生しているようで、週間天気予報では傘マークが並んでいる。じつは、ひそかに梅雨入りしてたりして。関東甲信越地方の梅雨入りは、平年は6月8日。昨年は6日だった。暦の上での入梅は、今年は11日らしい。

数年前から、気象庁は梅雨入りと梅雨明けの日をはっきりと言わなくなった。「梅雨入りしたとみられると気象庁が発表しました」。“みられる”という曖昧な表現は、「梅雨入りって言ったのに雨が降らないんですけど」と叫ぶクレーマーにも立派に対抗できる必殺フレーズだ。

不確かなものを断定して、それが外れてしまったら嘘になる。2001年、気象庁は7月の梅雨明けの日を大幅に見直し、大きく修正した。その発表は9月になってから行われたのだが、そのズレ方が嘘だったということを強調してしまい、かえってヤブヘビのようにも思えたのだけど。

こんな鬱陶しい天気でも、やけに元気で和ませてくれるものがうちのベランダにある。それは、ラセンイ。イグサの仲間で、くるくる螺旋を描くように伸びる葉がなんとも癒し系。元はイグサが突然変異したものだったとか。螺旋状の葉が放射状に伸びていく。きつく巻いたもの、ゆるゆるなウェーブのもの、直線に先祖返りしたものなど、葉にもいろいろな性格というかクセがあって、水やりのたびにじーっと眺めてしまう。ここ数日、伸びが速くなってきた。本格的に梅雨入りかも。

photo/小品盆栽の六角鉢に植えたラセンイ(イグサ科イグサ属)。くるくる度がちょっと足りないかな。

|

« 13番の活躍 | トップページ | 時のマジック »

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/4490897

この記事へのトラックバック一覧です: 螺旋:

« 13番の活躍 | トップページ | 時のマジック »