« 繭玉 | トップページ | 13番の活躍 »

コクーン歌舞伎「桜姫」

四世鶴屋南北・作「桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしょう)」を題材とした芝居だが、コクーンの「桜姫」は非常に前衛的で、いわゆる古典歌舞伎とはまったく別モノ。演出はコクーン歌舞伎や平成中村座でおなじみの串田和美氏。

sakurahime01

6日の夜は渋谷・Bunkamuraのシアターコクーンへ。コクーン歌舞伎「桜姫」の2日目。

何が前衛的かというと、まず、舞台美術。画家の宇野亜喜良氏の絵が、この芝居の重要な装飾となっている。場内には美しく妖しい幕絵が何枚も掛かり、上演前から、すでにアンダーグラウンドな気配が満開。故・寺山修司氏の天井桟敷や麿赤児氏の大駱駝艦の世界観が大好きな私にとって、この世界は絶対にアリ、アリ!!

コクーンには花道がないのだが、役者さんたちは客席に何度も乱入し、小屋の空気に一体感をもたらしていた。高さを生かした造形や可動式の舞台装置などがふんだんに使われていて(それを動かすのは河原乞食や河童の風体をした俳優サンたち。彼らは芝居の背景に溶け込み、アングラな景色を作り上げていた)、空間の使い方に独特のものを感じた。

福助サンは天然な姫っぷりがツボ。妖艶でとてもキレイなんだけど、それを大いに喰っていたのがお局・長浦役の扇雀サン。いやー、扇雀サンってこんなに器用な役者だったんだ~(失礼!)、と、私はずっと目からウロコ状態だった。相方の弥十郎サンとのからみもおもしろく、これはもう扇雀サンの新境地でしょう。橋之助サンはクールにキッチリこなした、という感じ。また、ウマいなあと思ったのは勘太郎サン。お兄ちゃん、いなせな悪役だったねぇ。カッコよかった。七之助サンとの対決お笑いシーンも多く、おもしろい。

3時間半を超える長丁場だけど、「芝居小屋という特殊な世界にいる自分」を存分に感じ、最後までよいノリで楽しめた。ただ、後半がちょっと垂れてたかな。原作にある妖艶な怪談話の要素が薄まっていた点を残念に思う。まあ、あれで後半にも力を入れると4時間超えてしまうだろうけど。

歌舞伎を観たことがないという人でも、すぐにその世界に入っていけるハズ。当日発売の立ち見席もあるようなので、暇を見つけて、また観に行こうと思っている。

photo/「桜姫」パンフレットとチケット。前から4列目の平場(床に座布団を敷いた席)。長時間の体育座りはキツかったけれど、役者さんが乱入してくるラッキーな位置だった。私のすぐ後ろを橋之助サンや勘太郎サンが駆け回ったとき、白粉(おしろい)の残り香が。観客の足を踏まないように気をつけながらの演技、オツカレサマです…。

|

« 繭玉 | トップページ | 13番の活躍 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「歌舞伎」カテゴリの記事

「演劇」カテゴリの記事

コメント

初めまして^^
私は前から中村勘太郎ファンで
一度くらい歌舞伎を見てみたいのですが
なかなか見に行けないんです・・・
羨ましいです♪更新楽しみにしてます!

投稿: 都瀬 | 2005.06.11 16:55

>都瀬さん
コメントありがとうございます。

勘太郎サンの、女形もこなす器用さは
父上から受け継いだものでしょうね。
一番ハマるのは豪快な荒事だと思います。
派手な隈取りも似合うし。
今後がとても楽しみな役者さんですね~。

投稿: yu-chika | 2005.06.12 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/4461183

この記事へのトラックバック一覧です: コクーン歌舞伎「桜姫」:

« 繭玉 | トップページ | 13番の活躍 »