« PK | トップページ | ブロンズの姫 »

撥で叩く

kibachi 月曜の朝は、宿題(週明けの朝に締め切りが設定されたオシゴトのこと。週末も働けってコトだ)の提出や、その他諸々の確認や打合せで忙しい。

知り合いの会社は、毎週月曜日は朝8時から会議らしい。始業タイムは9時半なのに、この日は社員全員が8時に出社。一見、古風なスタイルだが、この会社は今イケイケのベンチャー企業。社長自ら、月曜の朝8時から社員に葉っぱをかけるという。うーん、大変そうだ。しかし、当の社員さんたちにとっては慣れ親しんだお約束。モチベーションを維持し、確認するために欠かせない儀式なのかも。

モチベーションを保つことって難しい。私は後ろ向きな考え方が大嫌いで、何に対しても前向きに取り組みたいと思っている。何でもおもしろがることができる、とりあえずはおめでたいヤツ、ってことだ。

しかし、こんな私でもモチベーションが下がり、現実逃避することは多々あって。締め切り前などはとくに逃避傾向が強くなる。外出中は本屋やデパ地下をうろついたり、CAFEでコーヒーを何度もお代わりしたり。家にいるときはサッカー(ビデオやスカパーの再放送)や映画のDVDを観たり、ひたすらネットをさまよったり、三味線を弾き始めたり。いずれも時計を気にしつつのささやかな抵抗。逃避っていうか、まあ、単なるサボリなのだが。

三味線を弾き始めると1~2時間はあっという間なので、逃避するにも覚悟が必要だ。最初は「(ほかのものに対する)気が乗らないなぁ。三味線でも弾くか」というノリなのだが、弾いているうちに気分がよくなり、没頭してしまう。三味線は弦楽器だが、弦(糸)を振動・共鳴させる音だけを聴かせるものでなく、撥で皮を叩く音も重要な効果音となる。これがストレス解消に非常に役立つのだ。

アップテンポな曲を弾けば、気分はいつしか爽快に。しかし、稽古をさぼっていたために弾けなくなっていたりすると逆効果なので、難解な曲は避けるべし。「撥で糸をかすめて皮を叩く」という感触は、とても気持ちがよい。三味線は打楽器の要素も多分に持ったおもしろい楽器なのだ。

さっき、三味線を弾いてみた。明日は久しぶりのお稽古があるので、とりあえずの予習。今日はまだ、現実逃避モードには至らず。月末でやることはいっぱいあるが、仕事も趣味も今のところはモチベーションの高い状態を維持している。夜はしのび駒という消音用の特殊な駒をつけて弾く。これで糸の音は響かなくなる。撥の音は聴こえるが、叩く力を弱めにすれば、夜でも稽古ができるのだ。そもそも、しのび駒は普通の駒と高さが違うので、撥の感触も通常とは異なる。緩めに弾くぐらいでちょうどよい。それでも、ストレスは一気に飛んでいく。今日はサッカーのLIVE放映もなく、静かな夜である。

photo/お稽古用の木撥。舞台では象牙の撥だが、練習では木製の撥を使っている。素材は樫。撥は見た目より重量があると思う。赤字の「弐拾匁(にじゅうもんめ)」は撥の重さ。20匁はおもに子どもや女性用の軽量タイプ。男性はもっと重いものを使うが、長唄の撥は他の三味線用に比べ、相対的に薄く、軽い。義太夫や津軽などの撥は厚みも大きさも異なり、さらに重いものが使われている。

辞書には「1匁=3.75g。尺貫法で重量の単位の一。貫の千分の1」とある。3.75×20=75g。しかし、実際に測ってみたら、うちにある20匁の鉢は象牙も含めて、どれも約115g。あれれ?

|

« PK | トップページ | ブロンズの姫 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「長唄」カテゴリの記事

コメント

撥は、どのくらいの重さがよいのでしょうか。
高円寺の阿波踊りに三味線で参加するときは、プラ撥を使っています。
お店のおじさんにそう言って出してもらったので、重さもわからないんです。

投稿: くり | 2005.06.29 00:01

>くりさん
コンバンハ。
撥の重さはジャンルによって違いますが(長唄がもっとも軽いのかな)、阿波踊りのお囃子って、軽快なテンポで長時間弾きますよね。軽い撥でないとつらそう…。
お店の方が選んだものが最適なんでしょうね。開き(撥の幅)が小さめで軽いものではないですか?
私は稽古用も舞台用も、軽量で女性向きといわれている20匁の撥を使っていますが、もう少し軽いのがあればいいなと思っています。
うちの師匠によれば、適度な重さと開きのバランスが大事で、その重みで素直に弾くのがよいとか。力を入れず、撥の重みで自然に弾けと。素直に弾くって、難しすぎる~。

投稿: yu-chika | 2005.06.29 00:59

素直に弾く、ですね。
結構、力任せに弾いているかもしれません。(^^;)
木撥も持っていて、こちらはたぶん同じ20匁だと思うのですが、
それに比べると、開きが少し大きく、重さもあります。
(自分の道具なのに、いいかげんですね(^^;))

お囃子の方は、続いても15分くらいで、そんなに長く弾いてないんですよ。
コースに従って、10分演奏、30分待ち時間、の繰り返しです。
地味にリズムをきざむので、基礎力のアップにはなるんじゃないかなと思います。

投稿: くり | 2005.06.30 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/4737747

この記事へのトラックバック一覧です: 撥で叩く:

« PK | トップページ | ブロンズの姫 »