« 地震だ! | トップページ | フィーゴはいずこへ »

NINAGAWA「十二夜」

jyuniya-sujigaki20日、歌舞伎座・夜の部。NINAGAWA「十二夜」(7/7-7/31)。

シェークスピアの「十二夜」を蜷川幸雄が演出、歌舞伎に仕立てた特別興行だ。主演は尾上菊之助。その父・尾上菊五郎も出演し、菊五郎劇団とNINAGAWA芝居の融合ということになる。しかも題材はシェークスピア。イギリスと日本の古典演劇がどうつながり、掘り下げられていくのか、観る前からとても興味深かった。

幕が開き、いきなり会場がどよめいた。なんと、舞台全面が鏡張り! 鏡面仕上げの金属板をつなげたものだと思うが、2階席に並んだ提灯や我々観客の姿がうす暗がりの中にぼんやりと浮かび上がり、あたりは不思議な空間に。いつもの歌舞伎座でなく、どこか異国の円形劇場にいるような感覚がした。

そして、聴こえてくるのは生のチェンバロの音。舞台は枝垂れ桜の景色に。バロックの調べが静かに流れ、子どもたちが合唱する。そこへ、烏帽子(えぼし)姿の大篠左大臣(中村信二郎)が現れて…。音楽と登場人物の違和感はまったくない。左大臣は装束から高貴な人物とわかるし、そのイメージがチェンバロの音によく合っている。やがて回り舞台が動き、沖合いの船の上のシーンへ。鏡のバックの前に大きな船のセットのみ。景色は非常にシンプルである。ここで尾上菊之助が、男役の斯波主膳之助の扮装で登場。彼はこの芝居で男女の双子(主膳之助と琵琶姫)を演じ分ける。

菊之助サンは線がすっとしていて、声がとてもきれい。主膳之助と海上で離れ離れになってしまった琵琶姫は男の姿に変装し、左大臣の小姓となる。この“お小姓のふりをする姫”という役どころが、少年ぽい雰囲気を持つ菊之助サンにぴったりだった。お小姓・獅子丸にひと目惚れする織笛姫に、私のお気に入り女形の中村時蔵サン。装束はいわゆる赤姫。時蔵サンの赤姫姿は品がある。この人はどんな役でも所作が優雅で、非常に美しいと思う。また、粋な雰囲気もにじみ出ていてカッコいい。

菊五郎サンも二役。これは蜷川演出ならではの設定らしいが、あの存在感はさすがだと思った。ほかの登場人物では、悪役の麻阿(市川亀治郎)と右大弁安藤英竹(尾上松緑)がいい味を出していた。亀治郎サンは小悪魔的な役どころ。ちょっとしたポーズがかわいらしくて、観ていて楽しかった。松緑サンは赤とピンクの上下に真っ赤なラメブーツというキュートないでたち。道化の“阿呆の子”役なのだけど、愛すべき存在に仕上がっていてよかった。あのイメージは、松竹新喜劇の故・藤山寛美風?

バロック音楽が効果的に使われているが、下座音楽のベースはやはり長唄だ。そして、要所を浄瑠璃が締めるという具合。舞台の後ろに並んだ長唄連中と脇の竹本連中が掛け合いとなるシーンもあり、音聴かせどころも多々あって、音楽的にも楽しめた。斬新な演出がバンバン出てくると思いきや、トータルでは意外にも古典歌舞伎の線は崩さず、王道を行っている感じ。鏡張りやアールデコ風の装飾をあしらった舞台や音楽、舞台の転換などに異質なおもしろさを感じたけれど、俳優さんの所作やストーリーの盛り上げ方などはじつに古典的。串田和美や野田秀樹が演出する歌舞伎よりも「ずっと歌舞伎っぽい」といった印象だ。

この歌舞伎を観たあと、シェークスピアの戯曲「十二夜」を読んでみた。基本的には原作に忠実な造りだと思ったけれど、ロマンチックコメディと称される原作に比べ、歌舞伎版では喜劇という印象は薄いかも。ヴァイオラ=琵琶姫、フェステ=捨助、アンドリュー・エーギュチーク=安藤英竹といったネーミングや、ところどころに入れられた駄洒落などに、ちょっと古い(だから古典的?)センスを感じてしまった…。

「十二夜」つながりで映画「恋におちたシェークスピア」を観たくなった。シェークスピア役のジョゼフ・ファインズが鼻につくのだけど、「エリザベス」(こっちにもJ・ファインズが…)とともに、大好きなUK時代物ムービーだ。

photo/NINAGAWA「十二夜」筋書き(プログラム)。表紙のイメージは葛飾北斎の「富嶽三十六景」だ。この芝居の舞台美術は、鏡+北斎+アールデコ。こう書くとちょっと濃い感じがするが、舞台面は非常にシンプルだった。

|

« 地震だ! | トップページ | フィーゴはいずこへ »

「歌舞伎」カテゴリの記事

「演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/5133627

この記事へのトラックバック一覧です: NINAGAWA「十二夜」:

« 地震だ! | トップページ | フィーゴはいずこへ »