« 鹿さん独走 | トップページ | 猫と三味線 »

縁起物

maneki-neko-01風水や占いに凝るほうではないのだが、気がつけば縁起かつぎのグッズがやけに増えている。

長唄の会、とくにお浚い会では「おめでとうございます」がごく普通のご挨拶。祝儀袋には「壽」の文字。「御祝」でもよいのだが、「壽」のほうがしっくりくる。長唄に限らず、伝統文化の世界では縁起のよいもの、おめでたいものが好まれ、日常的によく使われる。それは洋の東西を問わず、西洋にもラッキーアイテムを大切にする文化があり、世界中に古くからの縁起物は存在する。

日本の縁起物は歴史的にも中国から伝わったものが多いと思うが、まねき猫は日本発祥のものらしい。豪徳寺が発祥だとか、そのルーツには諸説ある。右手を挙げているのがお金を招き、左手だと人を招く、だったっけ。

photo/うちのチビまねき猫。正月飾りの記事を作ったときにリースにつけたまねき猫の根付で、右手を挙げている。お金、招いてくれませ~。

|

« 鹿さん独走 | トップページ | 猫と三味線 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/4832569

この記事へのトラックバック一覧です: 縁起物:

« 鹿さん独走 | トップページ | 猫と三味線 »