« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

今日はKEKS

Leibniz-keksKEKSとは、ドイツ語で焼き菓子のこと。

ストレスがたまると、デパ地下や高級スーパーで食材を買いこんでしまうクセがある。そこで必ずチョイスするのがチーズの塊とスパイス、それに輸入菓子。ケーキや和菓子、パンなどはふだんもたまに買っているせいか、なぜかこういった非常時にはあまり必要ではないらしい。

仕事で出かけた帰り、ふらりと寄ったデパ地下あたりでブロックのチーズを何個も選んでいることがある。別に、チーズを買うつもりで立ち寄ったわけではないのに。そこでやっと気づく。じつはワタシ、ちょっとキテるんだな、と。

昨日は渋谷で、パルメザンとチェダーと杏入りのデザートチーズの塊と、シナモンスティック、オリーブオイル、バールセンのKEKS、ロータスのカラメルビスケット、グッドヘルスのオリーブオイルポテトチップス、乾燥ゆば、厚揚げ、だだちゃ豆(生)などを購入。資料とPCでバッグはかなり重かったのだけど、いろいろ買ってしまった。月末ということもあり、ついついお財布のヒモも緩くなり…。

続きを読む "今日はKEKS"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高円寺阿波おどり

koenji-awaodori28日、高円寺阿波おどり。沿道にゴザを敷いて座り込み、がっつりと観賞。

この祭りを連の行列ギリギリの場所で観るのは初めて。以前、駅前のすごい人ごみのなか、チラチラと遠めに眺めたことはあったけれど、今回は違う。踊りやお囃子で躍動する人たちの息づかいが聞こえるほどの距離。相撲で言えば砂被りの位置取りに、阿波おどり初心者な私がいた。

上品でかわいい女踊り、豪快でカッコいい男踊り、奴の踊りを入れている連もけっこうあった。女性が半被か丈の短い着物で踊る、男踊り(半被踊り?)もクールでいい。踊りもお囃子も連によってかなり趣向が違うんだね。

続きを読む "高円寺阿波おどり"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

こんな日もある

hariko-no-inuアントラーズ、24日は7得点で大勝。しかし本日は0-2で負け。

岩政がまた退場(イエローカード×2)。2枚目のカードは相手カウンターの失点を止めにいった結果のようだが、2試合連続ってどーなんでしょ。新潟戦に7点も固め打ちせずに4点ぐらいにして、今日3得点できればよかったのに。そんな「たられば」は言ってもしかたのないことだけど。

今、スカパーではウエストハムvsボルトンをやっている。中田はベンチスタート。出番はあるのかどうか。その前LIVE中継していたウエストブロムビッチ戦では稲本はベンチ外だった。小野がエジンバラ移籍という話も出てきたようで、プレミアリーグはやけに日本人づいている(試合に出る出ないは別のハナシだが)。ところで小野は、規定が厳しいプレミアで就労ビザがとれるのかな?

続きを読む "こんな日もある"

| | コメント (2) | トラックバック (2)

パンパスグラス

pampas_grass台風一過でまた蒸し暑く。

今朝、犬をトリマーさんに預けに行った帰り、ちょっと遠回りして駒沢公園を歩いてみた。午前10時すぎ。夏はこの時間だとすでにアスファルトはかなり暑くなるから、犬の散歩もほとんど見かけない。公園での夏の犬の散歩ラッシュは午前6~7時ぐらいだ。

平日なので、人は少ない。散歩する親子連れやお年寄り、トレーニングするアスリート系な人たちが、思い思いにすごしている。

続きを読む "パンパスグラス"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫はいつ?

chives春に種をまいたチャイブがずいぶん大きくなってきた。

葉の長さ約30cm、太いもので径5mmほど。イタリア料理の店で、このぐらいのチャイブを5cmぐらいに切ったものを鯛のカルパッチョで巻いたお上品な前菜を食べたことがある。うちのも、そろそろ収穫どきなのかもしれない。

ネギ類って、いつ採ればよいのか悩む。ほかの野菜のように、葉が明らかに食べごろのサイズになったり、実が熟したりといった収穫のサインもないし、最適な状態がわかりづらいのだ。チャイブはほかのネギ同様、生長力が旺盛で新しい葉がどんどん伸びてくる。ある程度育ったら、適当に収穫していったほうがよさそうだ。

続きを読む "収穫はいつ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツルを伸ばして

jasminum-polyanthum日没のころに外を歩いていて、ずいぶん日が短くなったように思った。残暑はまだまだ厳しそうだが、秋は少しずつ近づいている。

エアコンの室外機の熱風が舞い、南西向きで西日が強烈に差すうちのベランダ。ここで鍛えられた植物たちは猛暑にもよく耐え、ちょっと涼しくなると、暑さで中断していた生長モードにまた突入する。お盆を過ぎて、ミニバラやゼラニウムがまた、花をたくさんつけ始めている。

ホトトギスも、サルビアも咲いてきた。ちょっとだけ、秋を先取りした気分。しかし、その近くでは、春の花のパンジー(以前紹介したノーブルリカ)やスイートアリッサム(こぼれ種から育ったもの)がいまだに元気。春・夏・秋がごっちゃになってしまっている。そのなかでも、グングンとツルを伸ばして激しく生長し続けているのが、このハゴロモジャスミンだ。

続きを読む "ツルを伸ばして"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひじきパン

hijiki-pan散歩のついでに、三茶をぶらぶら。

うちは駒沢大学駅に近いのだが、三軒茶屋駅へも歩いて12~13分ほど。日常の買い物などは三茶で済ませることが多い。今日はTSUTAYAのレンタル分を返却し(「楽園の瑕(らくえんのきず)」、久しぶりに観たけどやはりヨカッタ。ストーリーは意味不明な部分が多いけど、映像の美しさと俳優たちの個性、演技がすごい! このころのレスリー・チャンってジョニー・デップに似てるなとあらためて思った…)、その界隈を適当に1時間ほど徘徊。暑かったけど、風があって歩くのはさほど苦にならなかった。

雑貨屋や花屋さん、書店に立ち寄り、ちょこちょことお買い物。そして、帰りに濱田家へ。

濱田家は世田谷通り沿いにある和風の店構えのパン屋さん。入り口は木の格子の引き戸で、入るとすぐに寿司屋にあるようなガラスのショーケースが見える。ケースの中と手前に惣菜パンがぎっしり。大皿に盛ったおばんざいをカウンターに並べる京都の小料理屋風というか、小洒落た居酒屋のような雰囲気が漂う。スタッフのユニフォームも作務衣で、徹底的に和のイメージにこだわっているようだ。

続きを読む "ひじきパン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3名様ご退場

Jリーグ再開。鹿島vs広島戦をTV観戦。

岡田審判の独壇場。一発退場あり、イエロー2枚目で退場あり。赤と黄色のカードの嵐が吹き荒れて。この審判サン、98年のワールドカップでも笛を吹いていたなぁ(1試合だけでその後はナシだったと思う)。国際A級ライセンス資格者で日本ではトップクラスのヒトだったはず。でも、ときどきすごいジャッジをしてゲームを壊してしまっている。自分がこの試合をコントロールしているんだ、といわんばかりの強引な裁定が目につくのだ。とくに、鹿島には厳しいような気がする。試合終了時は鹿島が9人、広島が10人。ピッチも広々!?

審判しだいでゲームの流れはずいぶん変わる。ラフプレーが多そうなら序盤から警告を適度に発し、荒れた試合にならないよう選手の気を引き締めるなど、公平で正しい審判のジャッジはプラスに働くと思う。しかし、残念なことに、審判の基準があいまいだったり、明らかな誤審や不公平な判断と感じるケースがよくある。

続きを読む "3名様ご退場"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

姿勢正しく!

with-ballここ数日はメールや電話も少なく、出かけても街角は閑散として。個人的にお盆休みとしてまとまった休日をとったわけではないのに、夏休みモードでまったり、ゆっくり。

休みにしなかったのは、もちろん仕事があるからだ。それにも関わらず、ダラダラとお休み気分でのんびりしていたため、昨日からツケが一気にまわってきた。ずっとPCに向かっている。ああ、眼が、肩が、腰が痛い。

でも、今の私にはこいつがある。肩こりや腰痛防止に効果的といわれる「バランスボール」だ。おととい、パール色の55cmのボール(購入したのはコレ/ボールトレーニング.com)が届いた。知り合いがこれを持っていてその座り心地のよさを知り、うちにも欲しいと思っていたものだ。

続きを読む "姿勢正しく!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1位通過

azukiサッカー、日本はイランに勝利。これでワールドカップ・アジア予選グループ2を1位で抜け。

両チームともすでに予選通過を決めているので「無理をせず、仲良くドイツへ」という試合になるかと思っていたが、日本チームは「何としても勝つ」モード。イランには前回負けているので、ジーコ監督も選手もリベンジに力が入っていた試合だった。

前半はその気合がちょっと空回り気味で、いつものように(!)チャンスでもなかなか点が入らず。加地のゴールでようやく活性化したような感じ。それでも、後半に入るとまた緩い流れになってしまい、スコアは2-1でそこそこ動きがあったはずなのに、見どころなくあっさり終わってしまったという印象。日本チームのスタメンは、最近試みていた若手・ベンチ組中心の起用にはいたらず、元のメンバーに戻っていた。

続きを読む "1位通過"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

備えあれば

mag-lite昼間の地震は、街を歩いていて気づかず。

東京でも震度4だったそうだが、屋外だとまったくわからなかった。その後、電車のダイヤが乱れていて、地震があったことを知る。帰宅しても室内には変化ナシ。とくに物は落下などしていない。気づかないというのも、また怖いと思った。

私はすでに東京に越していたので未経験なのだが、大阪に住む家族は阪神大震災を経験している。神戸ほどの被害はないものの、大阪も京都もかなり揺れた。母によれば、すぐに停電して真っ暗なところへ何度も強い余震が起こり、とても怖かったそうだ。

あの時間(6時前)、すでに起きていて台所にいた母は、強い揺れに立っていられず、気づいたら居間に移動し、床に這いつくばっていたとか(狭い家なので移動距離はほんの数歩だけど)。父は、揺れよりも隣家の屋根瓦が落ちた音で目が覚めたという。で、居間に飛び出し、よろよろ移動する母を発見。その姿にまず笑ってしまったという…オトーサン、そこでウケてる場合とちゃうやん!

続きを読む "備えあれば"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

戦いの前に

終戦記念日。戦後60年。暑く、セミの声がよく響いた日だった。

さきほど、ワールドカップ・アジア予選、イラン戦に向けてのサッカー日本代表の練習風景をTVで見た(日テレ「スポーツMAX」)。川崎のユースチームと練習試合を行ったそうだが、スタメン組と思われるメンバーの左サイドに村井、3バックの左に茂庭。三都主がここではずれたのは、ナビスコカップがあったため別メニューだったからのようだが、本番はどうなんだろう。三都主の代表でのプレーは、突破を試みるも阻まれ、ボールを奪われてしまうという印象が強い。警告も多いし。微妙~。

イランと日本はどちらもワールドカップ出場を決めているが、17日の試合は、前回負けている日本にとっては“リベンジ”マッチらしい。ジーコもその気のようだ。イラン的にはどうなのか、わからないけど。予選1位通過のほうが本番でもメリットがあるのだろうか?

プレミアリーグも開幕。ナカタは明日にもボルトン移籍決定とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味噌饅頭

misomanzyu-cut豆類(納豆を除く)が好きな私は、味噌も餡子も大好物。先日、購入した阿佐ヶ谷「うさぎや」の味噌饅頭は、その名前だけでワクワク。さて、その味は…。

味噌を練りこんだ生地は茶色く、ほのかに味噌の香りがした。醤油っぽいこうばしさもmisomanzyu感じる。香りも味も、極端に味噌くさくなく、上品なところが気に入った。しっとりした味噌風味の皮がさっぱりしたこし餡によく合っていて、とても美味しい。この旨さはあとを引く。

小ぶりであっさり風味なので、冷たいお茶にもピッタリ。もっとたくさん買えばよかった…リピ決定。

photo/阿佐ヶ谷「うさぎや」の味噌饅頭。表面に「うさぎや」の焼印が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の気配

kikyou萩、尾花、葛、撫子、女郎花、藤袴、朝貌。はぎ、おばな、くず、なでしこ、おみなえし、ふじばかま、あさがお。秋の七草。尾花はススキ、朝貌は諸説あるが桔梗という見方が主流のようだ。

昨日、仕事で六本木のアークヒルズに出かけたら、撫子と女郎花、桔梗が咲いていた。日差しが強く蒸し暑いが、時おり涼しい風が吹きぬけて、爽やか。この庭はもう秋の気配が漂い始めている。

giboushi暦の上では立秋(今年は8/7)をとうにすぎ、季節は秋。最近は残暑が長く、厳しいので、昔から言われてきた「お盆が過ぎると涼しくなる」という説もイマイチ実感がない。今年はどうだろうか。

photo/上・桔梗。キキョウ科の多年草。上品な薄紫の花弁がきれい。
下・擬宝殊(ギボウシ)の花。ユリ科の多年草。この花は純白でいかにもユリの仲間、といういでたち。花期は6~7月だが、ここでは今がピークのようだ。涼しげな雰囲気をかもし出していた。いずれも8/11、アークヒルズで撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くず桜

kuzuzakura昨日、阿佐ヶ谷の「うさぎや」へGO。撮影のあと、みんなでご飯を食べての帰り。

ショーケースに人が群がっていて、ちょっと混雑。どら焼きやみたらし団子を多めに購入するオジさんやオバさんもいた。ほかの人が注文するものを聞くと、「あ、あれもいいな~」と目移り。例によって、なかなか買うものを決められない。

ようやくチョイスしたのが、くず桜。うさぎやのくず桜は、餡入りのくず餅を葉で包んだもの。餡もくずもやわらかく、さっぱりしている。くどくなくて、とても旨い。桜の風味は…わからなかったが。今の季節は、こんなさっぱり味のお菓子がうれしい。今回は味噌饅頭とみたらしも購入。みたらしは昨日のうちに食べちゃった。感想はまた後日UPします。これから味噌饅頭をいただきまーす(朝食、というより仕事前の景気づけ!)。で、オシゴト、オシゴト。

photo/阿佐ヶ谷「うさぎや」のくず桜。夏季限定。さっぱりしていて、おいしい! くずのトロトロぐあいが最高だ。漆塗りの菓子盆は、実家にあった古いもの。キッチュな絵柄が気に入っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たまには優雅に

espressoうちのエスプレッソマシンはポッドが使えるタイプ(デロンギのBAR20)。粉を詰めるのが面倒なときにポッドで入れるのだが、ポッドだといつも薄めになってしまう。泡(アロマ)もあまり立たない。

ポッドのメーカーが違っても、基本的にはどれも同じような仕上がり。知り合いの飲食店がポッドを使っているのだが、業務用のマシンなので、うちと同じポッドでもまともな味のエスプレッソになっている。ポッドだからダメ、というわけでもないのだ。マシンの性能+入れる人間の違いってこと。この、“人”の部分の差が大きいのだろうねぇ。

ダークローストのポッド(illy)なのに、やっぱりややアメリカン?になってしまった。朝食前にブラックで飲むには、このぐらいが胃にやさしくて、ちょうどよいかな。

photo/今朝のエスプレッソ。たまにはデミタスカップでちょっと優雅に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミントティー

spearmintお盆休み前で仕事が立て込み、ストレス増加中。

「紅茶とコーヒー、どちらにします?」と訊かれたら、絶対に「コーヒー!」と答える私だが、今朝はミントティーを入れてみた。ベランダにあるミントの生葉(スペアミントとアップルミント)だけではお茶にできそうになかったので、紅茶に生葉を少し入れることに。

アールグレイで作ってみたら、ミントの葉とアールグレイ特有の香りが喧嘩して、やけに刺激が強いフリスク風?のお茶になってしまった。あまり紅茶を飲まないので茶葉が少々古いせいもあると思うが、味もイマイチ…。口直しに、緑茶(これは一応、玉露)を入れてがぶがぶ飲んでしまった。

試しに緑茶にミントの生葉を数枚入れ、少しさましたお湯を入れてじっくり蒸らしてみた。ほのかにミントの香り。でも、ベースはやはり緑茶。飲んでみると、コレ、いける! ミントを入れ過ぎないほうが吉とみた。トワイニングの「ミントグリーンティー」(緑茶+ミント+香料)とはまた違った、フレッシュな味。少しとはいえ、うちでは生葉を使っているので当たり前か。ストレス解消にいいかも~。

photo/スペアミントの花。そろそろ咲き終わりのようだ。すっきりした香りのスペアミントは、嫌味がなくてお菓子やお茶に合う。シソ科の多年草、学名:Mentha spicata。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2位だって?

サッカー日本代表男子、韓国に勝利オメデトウ。

1勝1敗1分、東アジア選手権で日本は総合2位。え? あれで2位なのか…。なんだかなぁ。今日はTV朝日の実況がサイアクだったので、まったくノレない。

いつものことだが、あのアナウンサーは背番号を言わないと選手の名前がわからないらしく、間違いも多い。また、日本選手の名前は言えなくても、韓国の選手の名前はしっかり言えるようだ。明らかに日本よりも相手チームの応援モードに入っていたように聞こえたのだが、気のせいだろうか。途中から、解説者やピッチレポーターが日本のフォローを必死にしていたような…。

試合直後のインタビューで、Zicoのさばさばした表情が印象的だった。勝利を喜ぶというよりは、うんざりの大会がようやく終わった!という感じ? 今回は、選手層の薄さや起用法そのものについてなど、いろいろな問題が露呈。ワールドカップ本番まであと10ヶ月。どうなることやら。

それよりも! インテルのフィーゴがついに実現。ああ、早くセリエAの試合が観たい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

破れ三味線

my-syami-kouki-yabure今日は舞台用の紅木の三味線で自主練。三つ折(みつおれ)のケースから 出して弾いてみた。

たいていの三味線は3つのパーツに分解できるようになっており、たたんでコンパクトに収納できる。三つ折のケースとは、分解した三味線をしまうことができる専用のトランク。うちの紅木の三味線も、使わないときは分解した状態でケースにしまってある。

my-syami-kouki01胴(皮が張ってあるボディ)、棹(ネックの下部)、天神(糸巻きのついているヘッドとネックの上部)に分かれた各パーツの先端は組木のような構造になっていて、凹凸の溝を合わせて組み立てていく。うちの紅木の三味線は、溝が合わさる凹の部分に金が張ってあり(これを「金ほぞ(きんほぞ)」という)、組み合わせたときに、よりぴったりとなじむようになっている。稽古用の花梨の三味線(7月6日に写真をup)はずっと伸べ(のべ、分解せず組み立てた状態のこと)で使っていて分解したことがないのだが、こちらは値段的にも、内部に金などは張られていないと思う。

続きを読む "破れ三味線"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

脱力のドロー

chokobo昨晩のサッカー・東アジア選手権は、男女ともにドロー。対中国戦。

女子の試合の途中で帰宅、TVをつけるとアナウンサー&解説者の絶叫が。決定的なシーンを例によって日本の選手が決められなかった瞬間だった。その悲痛な叫びに、観る気が失せた。民放のスポーツの放送は、サッカーに限らずなんでもオーバーで騒がしい。国際大会ではとくに。愛国心を表現するのは構わないが(私だって一応、NIPPONを応援してますよ~)、実況担当のアナウンサーには試合の状況をきちんと伝えてほしいし、解説者もプロとしての冷静な見方や分析を語ってほしい。

いきなりそんな感じだったので、昨晩の男子の試合はスタメン総取り替えですでに色モノだと思ったし、終始、一歩引いた視点で観られた。前半はみんなキビキビ動いていてよさげではあったが、相変わらず点が入りそうになく。中国に得点されると、ああ、もうダメダメという雰囲気に。ハーフタイムでどういうふうにジーコが修正するか興味があったが、後半に入っても面子変わらず。ヤバヤバなDFも変えなかったので、罰ゲームみたいだなぁ~と思った。でも、それもよい経験ってことかな。

結局、途中から入ったのは大黒、玉田、サントス。不可解な交替だった。それでも、追いついたのでヨシとすべきなのか? 応援するパワーも失せてしまったナゾな采配と中途半端な結果だったが、若手さんたちの成長に役立ったゲームだと思うことにする。

photo/チョコボ、昨晩のジーコ采配に怒ッテマスカ? チョコボはかわいいです。和みます。またもやサッカーと関係ない写真なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Norsu

norsu最近、お気に入りなのがこのイチゴ色の象の貯金箱。象の名前はNorsu(ノルス)。Norsuとはフィンランド語で「象」のことだ。

フィンランドのMK Tresme社製。このメーカーは1959年から貯金箱を作っているとか。Norsuは1970年に銀行のノベルティとして誕生。それ以来、ずっと作り続けられている人気者で、限定カラーなども登場しているようだ。輸入雑貨ショップでずいぶん前に目にしたことがあり、象さん好きな私はいつか入手したいと思っていた。先日、青山ブックセンター本店の児童書コーナーで偶然発見。赤、オレンジ、黄、緑、青、白などさまざまな色があったが、この半スケルトンのイチゴカラーの1体を購入した。

底に蓋があり、ごていねいに鍵がついている。自分で買ったのだから鍵のありかもバレバレなんだけど、500円玉貯金をスタート。何枚入るかな。高さ7cmほどのNorsuくん、見た目以上に大食いのようなので、いっぱいになるときが楽しみだ。両腕でひと抱えできそうなビッグサイズバージョンもあるらしい。それも欲しい~。

photo/半スケルトンのレッドNorsu。ブルーの瞳がかわいらしい。この丸みに癒されます。象の置物をちょこちょこ集めているのだけど、北欧製は初めて。同じ色のキーリングも買っちゃった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

男女ともに負けですか

昨日、今日とサッカー日本代表男女とも敗戦。いずれもvs北朝鮮。

男子はミスの連続で信じられない失点。女子は大きなミスからではないが、ずっと押し込まれて何度かしのいだものの、こらえきれず失点。どちらもスコア0-1。チャンスに得点できなかったのが痛い。しかし、残り2試合を勝てば優勝の可能性もまだ残っている。

日本代表、とくに男子は昨年優勝を逃しているので、今年は「優勝しなければいけない」(by TV朝日)そうだ。アジアカップならともかく、東アジア選手権ってそんなにすごい大会なんだろうか?

コンフェデ後、Jリーグは超過密日程(HOT6というんでしたっけ)。海外チームとの親善試合も先週に集中。疲労がたまるばかりのこの時期に、反日感情が強く、荒いプレーが多くなりそうな東アジアの3チームとガチの戦い。無謀だなぁ。新しい選手のテストはできるだろうが、おとといの男子の試合では交替が遅いし、テストする余裕はなく。パワープレーのはずなのに、全然そうなっていなくて妙だった。

まだ2試合あるし、祈ってます。みんな怪我しないで、無事に帰ってきて~!

| | コメント (1) | トラックバック (2)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »