« Norsu | トップページ | 破れ三味線 »

脱力のドロー

chokobo昨晩のサッカー・東アジア選手権は、男女ともにドロー。対中国戦。

女子の試合の途中で帰宅、TVをつけるとアナウンサー&解説者の絶叫が。決定的なシーンを例によって日本の選手が決められなかった瞬間だった。その悲痛な叫びに、観る気が失せた。民放のスポーツの放送は、サッカーに限らずなんでもオーバーで騒がしい。国際大会ではとくに。愛国心を表現するのは構わないが(私だって一応、NIPPONを応援してますよ~)、実況担当のアナウンサーには試合の状況をきちんと伝えてほしいし、解説者もプロとしての冷静な見方や分析を語ってほしい。

いきなりそんな感じだったので、昨晩の男子の試合はスタメン総取り替えですでに色モノだと思ったし、終始、一歩引いた視点で観られた。前半はみんなキビキビ動いていてよさげではあったが、相変わらず点が入りそうになく。中国に得点されると、ああ、もうダメダメという雰囲気に。ハーフタイムでどういうふうにジーコが修正するか興味があったが、後半に入っても面子変わらず。ヤバヤバなDFも変えなかったので、罰ゲームみたいだなぁ~と思った。でも、それもよい経験ってことかな。

結局、途中から入ったのは大黒、玉田、サントス。不可解な交替だった。それでも、追いついたのでヨシとすべきなのか? 応援するパワーも失せてしまったナゾな采配と中途半端な結果だったが、若手さんたちの成長に役立ったゲームだと思うことにする。

photo/チョコボ、昨晩のジーコ采配に怒ッテマスカ? チョコボはかわいいです。和みます。またもやサッカーと関係ない写真なのでした。

|

« Norsu | トップページ | 破れ三味線 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/5310845

この記事へのトラックバック一覧です: 脱力のドロー:

« Norsu | トップページ | 破れ三味線 »