« 派手な打ち合い | トップページ | キャベツの芯 »

丸菊の手ぬぐい

tenugui-KIKU重陽の節句。歌舞伎座・夜の部。吉右衛門の弁慶を観る。

旧暦の9月9日は重陽の節句である。この日は現代の太陽暦では10月に当たり、元々は、菊がきれいに咲く時期の年中行事だったようだ。

9という数字は日本では読みが「苦」につながることから避けられることが多い。しかし、中国では縁起がよいとされる奇数(陽)の一番大きな数字であり、9月9日は「陽が極まった(最大の)数が重なる」喜ばしい日ということらしい。

この日は菊の節句でもある。歌舞伎座で菊柄の日本手ぬぐいを見つけたので、買ってしまった。実際の菊のシーズンはまだまだ先だが、気分だけでも本格的な秋を先取り。夜の部ラストの「忠臣連理の鉢植 植木屋」には豪華な菊畑(庭)のセットが使われていた。

歌舞伎の感想はまた後日(吉右衛門、時蔵、福助を花道真下からまじまじと観て、その美しさと確かな芸に圧倒され。今は言葉にならず!)。

photo/かわいらしい「丸菊」柄の日本手ぬぐい。どことなく西洋のテキスタイルのようでもある。

|

« 派手な打ち合い | トップページ | キャベツの芯 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/5865916

この記事へのトラックバック一覧です: 丸菊の手ぬぐい:

« 派手な打ち合い | トップページ | キャベツの芯 »