« 勝ち点とれず | トップページ | ミューズリー »

勧進帳

9gatsu-sujigaki虎の尾を履(ふ)み
毒蛇の口を
遁(のが)れたる心地して
陸奥の国へぞ下りける

加賀国の安宅の関所の役人・富樫は、連れの強力(ごうりき)を義経と見破りながら、弁慶一行の通過を許す。情けをかけてくれた富樫に深々と一礼し、立ち去る弁慶。ここから先は、まさに闇。その旅へ向かう弁慶の覚悟。礼を終えて向き直った弁慶は、義経が進む先を見据えて、花道を飛び六方で力強く駆けていく。歌舞伎十八番「勧進帳」のラストである。

9日の歌舞伎座。九月大歌舞伎・夜の部。「勧進帳」がすばらしかった。武蔵坊弁慶/中村吉右衛門、源義経/中村福助、富樫左衛門/中村富十郎。吉右衛門サンの弁慶はTVで観たことがあるが、劇場では初めて。もう、思っていた以上にカッコよく、文句なし。弁慶は威丈夫で荒々しいキャラだが、吉右衛門サンの演技には、不器用でじつは繊細な心を持つひとりの男としての人間くささも感じられる。慈悲深さというか、優しさのようなものがにじみ出ているのだ。それが吉右衛門サンの弁慶に対する解釈なのかもしれない。

富十郎サン扮する富樫は、悩めるお役人という心情がよく表れていた。この役はクールだったりスマートに演じられることが多いけれど、富十郎サンの富樫はベテランらしく熟年にさしかかった管理職風。控えめな演技が、全体のバランスをうまく保っていたように見えた。最後、一行を見送る姿がよかったなぁ。

福助サンの義経は、その品のよさが際立っていて、とてもきれいだった。「勧進帳」の義経は強力に身をやつし、隠れているという設定なので、傘を深くかぶっていてほとんど顔を見せない。その状態で、役者は源氏の貴公子である義経の高貴さ、逃れる身となった悲運と供となった弁慶を思いやる気持ちなどを表現する。膝をついてほとんど動かなかったり、観客に背を向けている場面が多い役だ。ちらりと見える手、顔の下半分、背中で義経らしさを出さなくてはいけない。ずいぶん前に雀右衛門サンの義経を観たときなどは、よろけたりしないかと心配になったものだ。福助サンの義経は若々しく、じつに華やかで見ごたえアリ。杖を持つ手がすごくきれいで、魅入ってしまった。

座った席は花道の脇。5列目で、ここはちょうど役者さんが並ぶ位置の真横だった。見上げれば、すぐそこに吉右衛門と福助が…。手を伸ばせば触れられる距離。ものすごい迫力だ。衣装のディテールも間近で確認でき、その美しさに圧倒された。

この芝居では、松をバックに長唄囃子連中がずらりと並び、長唄「勧進帳」を演奏する。舞台は八丁八枚(三味線方8名、唄方8名)、手前に笛や鼓が並ぶ豪華バージョンである。天保11(1840)年3月初演、作詞・三世並木五瓶、作曲・四世杵屋六三郎。「勧進帳」は芝居用に作られたもので、歌詞も芝居の流れそのまま。歌詞だけ見るとストーリーとしてつながらなかったりするけれど、聴きやすく、ノリのよい名曲である。今回は終始ややゆっくりしたテンポで通され、じっくり曲を聴かせ、芝居を魅せることが意識されていたように思う。演奏は全体的に出すぎず、控えめ。その分、役者の動きに集中できるかな。個人的には、もう少し演奏が力強いほうが好みだが。

私も一応、この曲はすでに稽古をつけてもらっているが、長いし、緩急のつけどころが難しい。ちゃんと弾けるようになるまでまだまだ時間がかかるだろうけど、この曲はいつ、どの部分を弾いてもワクワクする。最初から最後まで通すと、30分。脚のしびれとの戦いも、もれなくついてくる難曲である。

photo/九月大歌舞伎の筋書(プログラム)。表紙は初代歌川広重の「東海道五十三次乃内 鞠子」。午前の部に「弥治郎兵衛 喜多八 東海道中膝栗毛」があるので、この絵が選ばれたのだろう。筋書内の解説(筆者は新藤茂さん)によると、右側が鞠子名物とろろ汁を食べている喜多さん、真ん中で「もう一杯!」とやっているのが弥次さんらしい。

|

« 勝ち点とれず | トップページ | ミューズリー »

「歌舞伎」カテゴリの記事

「長唄」カテゴリの記事

コメント

こんにちはー
勧進帳、かかっているのですね。
幕見で行ってこようかしら。
混雑ぐあいは、いかがでしたでしょうか?

投稿: くり | 2005.09.13 12:42

>くりさん
私が行った日は、幕見の入口に外人さんがいっぱい。夜の部は他が地味だから(でも、「植木屋」の時蔵サンはよかったよ~)、みんな「勧進帳」目当てじゃないかな。
混んでますよ~。早めに並ばないと入れないと思う。
ここに上演時間等が詳しく載ってます。17時55分発売開始。http://www.kabuki-za.co.jp/info/kougyou/0509/9kg_1.html

投稿: yu-chika | 2005.09.14 00:27

情報、ありがとうございます。
勧進帳はわかりやすいですもんね。
義経効果もあるのかな。

投稿: くり | 2005.09.14 12:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/5917808

この記事へのトラックバック一覧です: 勧進帳:

» 観劇日記~歌舞伎座9月 [龍の目]
今度の月曜日26日に千穐楽を迎えます、東京歌舞伎座 の「九月大歌舞伎 」。 僕は去る14日(水)に、夜の部の「勧進帳 」だけを観てまいりました。 僕の大の贔屓であります二代目中村吉右衛門 丈の舞台を堪能すべく、 1等席を取っていたのですが、あいにく病後... [続きを読む]

受信: 2005.09.23 02:26

« 勝ち点とれず | トップページ | ミューズリー »