« キャベツの芯 | トップページ | 勧進帳 »

勝ち点とれず

0911-todoroki等々力で川崎vs鹿島を観戦。

川崎サポの友人と一緒に入ったため、着いた席はホーム(川崎)側。まずった~。私は、ゴール裏で飛び跳ねて応援するよりも、じっくり&まったり観戦したいほうである。だから、相手チームよりの席でもいいか~と思っていたが、前半の2-0と点差を広げられたあたりから、そんな余裕もかましていられなくなって。

失点はどちらもあっという間のできごとだった。カウンターを見事にくらう。鹿島は中盤でボールがおさまらず、両サイドも機能せず。パスミスが多く、危ないなと思っていたところをガツンとやられた形。もう1点は攻められるところにファウルを与えてしまい、FKで決められた。

審判がホームアドバンテージを強くとっていて、鹿島の選手はみな苛立っているように見えた。前半の終わりごろから、川崎にもファウルが与えられるようになったけれど、鹿島の選手が倒れても流されることがじつに多かった。ファウルの基準やプレーのとめ方など、審判の判断にはかなりブレがあったと思う。

後半は1Fの隅っこで、じっくり観た。このあたりは激しく声援するサポーターも少なく、じっと試合を目で追う人が多かった。ようやく、1点。30番! いやー、驚いた。私、鈴木隆行のファンなのに、本当にびっくり。前半の無駄な(でも、一生懸命な姿勢はまあ、評価しよう!)カードGETや、ちょっとずれた位置取り、まったりキープなどに脱力気味だったので、この得点には意表をつかれた。久しぶりのGOAL、オメデトウ。しかし試合は負けてしまったので、喜びも半減だけど。

私がいた位置から、鹿島のゴール裏がよく見えた。最後まであきらめない、気合の入った応援だったね~。試合終了後、ゴール裏で深々と頭を下げる鹿島の選手たちと、それに応える観客の声援が印象的だった。今日は反対側でゴメン! みなさんオツカレサマでした。気を取り直して、前を向いて。まだ先は長いから。

photo/臙脂に染まる、アウェイ(鹿島)のゴール裏を向かい側から眺める。キックオフ前の練習風景。

|

« キャベツの芯 | トップページ | 勧進帳 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/5898595

この記事へのトラックバック一覧です: 勝ち点とれず:

« キャベツの芯 | トップページ | 勧進帳 »