« 懐かしい友と | トップページ | チョコレートコスモス »

熱い渋茶を

osenbei夕方以降は気温がぐっと下がるようになり、ずいぶん過ごしやすくなってきた。

そろそろ、冷茶よりも温かいお茶をグビグビ飲みたい季節である。お茶は、淹れ方によって味がかなり変わる。扱う者のテクニックが如実に表れてしまう、非常にシビアな飲み物だ。

静岡出身の友人が我が家で淹れてくれたお茶は、私が淹れるお茶とまったく違う味がする。同じ茶葉、同じ器具、同じ水なのに、香りも甘味も渋味も豊かで、いつもと違う旨いお茶ができあがる。お湯の冷まし方や注ぎ方が違うのかなぁ。さすが、茶どころの人は違います~。

お茶は濃い目でないと、飲んだ気がしない。薄いお茶を飲むと、口の中が妙にかさついた感じになり、よけいに喉が渇いてしまう。紅茶や中国茶でも同様だ。私がお茶を淹れるのが下手だから、こうなってしまうのかもしれない。とくにほうじ茶は、茶葉を多めにした渋ーいのがヨイ。渋茶のお供は…やはり餡子系のお菓子かな。

photo/たまり醤油の風味に海苔の香り。渋い番茶がよく合うねぇ。おせんべいとお茶の柄の日本手ぬぐい。ポップなデザインと配色がとても気に入っている。

|

« 懐かしい友と | トップページ | チョコレートコスモス »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/6039879

この記事へのトラックバック一覧です: 熱い渋茶を:

« 懐かしい友と | トップページ | チョコレートコスモス »