« 音楽とともに | トップページ | ベンベンとベロンベロン »

ラ・フランスの紅茶煮

pear 食べごろを求めて、待つこと1週間。追熟中だったラ・フランス(10/29記す)を食べてみた。

さすがに待ったかいがあった。果肉はとてもやわらかく、ジューシーでメチャうま。洋ナシ特有の華やかな香りが強く、ちょっと濃厚な舌ざわりとよく合っていて、非常に贅沢な味わい。今までに食べたなかでいちばんおいしいかも。「バターのよう」と評されるワケがようやくわかった。

皮の上から指で押した感触以上に、中身はソフトになっている。もうひとつをむいてみたら、こちらのほうがヤバイぐらいの完熟だった。これはもう、コンポートしかないでしょ!ってことで、煮ることにした。

白ワインとバニラで煮るコンポートもいいけれど、今回は紅茶煮に挑戦。アールグレイを濃く抽出し、砂糖とブランデーを加えた紅茶液にラ・フランスを入れてひと煮立ち。火を止めてレモン汁を少し垂らし、あら熱がとれたら冷蔵庫へ。作り方は超簡単だけど、見た目はゴージャス、とびきりうまいデザートのできあがり。

砂糖の分量を大さじ1(15g)と控えめにしてみたのだが(一般的なレシピでは40~80gぐらい)、これでも充分甘さを感じた。残ったシロップはゼリーか寒天で固めるとおいしそう。

photo/まだアツアツの紅茶煮。冷やすと、もっと色が濃くなった。

|

« 音楽とともに | トップページ | ベンベンとベロンベロン »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/6884247

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・フランスの紅茶煮:

» ラ・フランス(西洋梨)セイヨウナシ [料理レシピ紹介サイト:ブログでCookin'!]
「ラ・フランス(西洋梨)セイヨウナシ」料理レシピのブログ記事から美味しそうなものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2006年9月1... [続きを読む]

受信: 2006.09.15 17:11

« 音楽とともに | トップページ | ベンベンとベロンベロン »