« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

仕事納め

syogatu-no-kazari夜、取材の流れで某クライアントの納会に参加。めでたく、今年の仕事納め。

クリスマスが終わったら、街はあっという間にお正月の飾りで埋めつくされる。気分はもう、お正月だ。

うちのリビングには今年のお正月にGETした繭玉がまだ飾ってあったりする。縁起物ってなかなか捨てられない。でも、古いものにこだわっていると、いただけるはずのご利益も去ってしまいそう。今年のものは今年のうちにきちんと処分しなくては。縁起物は初詣で納めるといいんだよね。その前に、明日は大掃除だな…。

photo/今年の1月に長唄のわが一門の新年会(御礼祭)でいただいた繭玉と、雑誌の撮影用に作ったミニ扇。この1年の無事に感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

敗退

24日の天皇杯、鹿島は0-1で大宮に敗退。決勝まで残ると当然のごとく考えていたのだけど、あっけなく終了…orz

試合は観ていないのだが、最後は小笠原が退場したそうで。審判の判断は正しかったのかな。小笠原~、ヤケになっちゃいけないよ~。精神的にイッチャッテ自滅、というパターンが多いように思うのだけど、それが一番やばいって。

柳沢が鹿島のフロントに「戻りたい」とアピールしたというニュースも。どうなるんだろう。で、新監督は誰?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ミニパーティ

mousse拙宅でミニパーティ。

料理はビーフシチュー、肉じゃが、白菜とリンゴの浅漬け、酒はスペインのスパークリングワイン「フレシネ・コルドン・ネグロ」、デザートに完熟の洋ナシと、洋ナシ&カスタードのムース。

私は肉じゃがを作っただけ。あとはおまかせ。客人方、失礼! いやあ、美味でした。ビーフシチューのおいしさの秘訣も学んだし。料理上手な友達がいて、シアワセ。来年もまた集まりましょう。

photo/Y姐さんのお土産、洋ナシとカスタードのムース。やさしい味わい。おいしかった~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Merry Christmas

Christmas-ornament世間は連休、私は仕事にお稽古、天皇杯も気になるし…
so, busy! 

Merry Christmas.
Are You happy?

photo/ツリー用のガラスの小さなオーナメント。とぼけたヤツらだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

冬至

touji_pumpkin今日は1年でいちばん日照が短い日、冬至。

木枯らしが吹き荒れて、やけに寒い日だった。全国で大雪というのに、関東地方は雪が降らない。東京周辺では大きな地震もないし、起こるべき天災がパワーをためこんでいるようで、なにやらオソロシイ。

寒風のなか帰宅して、ひと息つく間にカボチャをレンジでチン! 冬至の日はカボチャを食べ、ユズ風呂に入ると健康でいられるという。カボチャは一部をサラダにして、残りは即冷凍。このカボチャはホクホクしていて大当たり。甘くて美味。

今日はユズも買い込んである。贅沢に丸ごとドボン!と湯船に浮かべるかな~。

photo/カボチャのタワー。煮物やサラダ、お菓子もいいけど、カボチャはこのまま食べてもおいしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰国の噂

柳沢、鹿島復帰の可能性も
年末に帰国して協議か by SPORTS NAVI

早ければ1月にJ復帰? ヤナギサワ~、できればイタリアで得点してからcomeback!

来年度の鹿島は人事異動が激しそうだ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サイケなおやつ

dounutsandcoffee品川で打合せした帰りにecuteDOUGHNUT PLANTに立ち寄った。ここは駅構内にできたショッピング&グルメ街。先日、表参道の駅地下にオープンしたechikaもそうだが、店を利用するには入場券(乗車券)が必要になる。

ロメインレタス&アボカド&パルミジャーノのベーグルサンドと、カシスのドーナツを購入し、自宅で仕事しながら食す。ベーグルサンドは濃厚なアボカドのフィリングで、ボリュームたっぷり。お昼はそれだけでお腹いっぱいに。

仕事も一段落し、3時のおやつならぬ4時のおやつに、ドーナツとコーヒー。カシスと砂糖のアイシングの毒々しいピンクが、なんともアメリカンな感じ。この色に対抗できるのは、ジェイドしかないだろう。ってことで、Fire-Kingのジェイドのストレートカップ&ソーサーを合わせてみた。サイケな色合わせがなかなかカワイイ。見た目だけで胃もたれを誘発しそうだけど。

photo/どぎついピンクのカシスドーナツは、甘くてちょっとヘビーだった。ジェイドのカップに入れたのはミルクたっぷりのコーヒー。Fire‐Kingだと、カフェオレよりもコーヒー牛乳という表現のほうがしっくりくる。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

生八ツ橋

yatsuhashi-yakiimoan昨日は幼なじみと再会。小学校6年生からの友だちだけど、会うのは10年ぶりぐらいかな。いや、もっと前から会ってないかも。

友人はLIVEを観に、下北沢へやって来た。ダンナと子ども2人は当然のごとく地元に置き去りにして(笑)、音楽仲間たちと東京で合流したようだ。いやあ、懐かしいね。10代のあのころ、一緒に洋楽にハマったよね。私も相変わらずROCK好きだよ。いまだにMETALなんかもバリバリ聴いてます。

yatsuhashi-gentei-yakiimoan彼女は京都のお土産を持ってきてくれた。本家西尾(本家八ツ橋西尾)の限定の生八ツ橋。なんと、焼きいものあん。そうそう、地元では「おたべ」より「西尾」のほうがメジャーやね。「おたべ」は観光客向けで、もひとつオモロナイ。そんな感じ。本家西尾の八ツ橋は昔からバリエーションも多かった。ニッキの風味がくどくないし、私はこっちのほうが好きやなぁ。

ほどよい甘さのいもあんがおいしかった。オーブントースターで少しあぶってみたら、こうばしくなってさらにいい感じに。ごちそうさま。わんこ用のお土産もまいっちが大喜び。ありがとう!

友だちって不思議だ。長いこと会ってなくても、再会した瞬間に一緒に遊んだ当時がよみがえる。毎日なんだかバカなことばかりやっていたけど、とにかく楽しかった。食べて飲んで、踊ったり唄ったり、朝までひたすら語り合ったり。学生時代の時間の過ごし方は、本当に贅沢だった。友と過ごした記憶は、自分にとってのいちばんの宝物だと思っている。

photo/本家西尾の季節限定生八ツ橋「あんなま 焼いもあん」。さつまいものほっこりした甘味がおいしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボロ市

daikan-yashiki夕方、仕事の合間に、ちょこっと世田谷のボロ市へ。

ボロ市は、12月15・16日と1月15・16日に世田谷の代官屋敷を中心としたエリア(ボロ市通り)で行われる縁日。400年も続いているという、伝統的な「市」である。世田谷線の世田谷駅から上町駅界隈の路上に、古着や骨董、おもちゃなどの露店が立ち並び、あたりは人でごった返す。

ボロ市通りへは、うちから歩いて20分ぐらい。世田谷に引っ越してから、毎年のようにボロ市を見に行っている。以前から骨董品屋さんが多かったが、今年はやけに胡散臭い瀬戸物屋さんが多かったような気がした。

boro-ichi-1216ミントンのプレート500円(新品)、マイセンのマグカップ(新品)1500円。その店はすべてがブランド食器。ちょっと怪しい箱つき。マイセンの銘を見ても、私には本物かどうかは判別できず。でも、あれはヤバイと思うよ。一生懸命買い込んでいたオバちゃんはいたけど。サクラ? それとも…? 別の店では「オールド・ノリタケ!」と強調されて売られていたカップ&ソーサーもあった。5000円。モダン系の幾何学デザイン風で、色はグリーン。本物だったらこの価格は激安だが。いやあ、どうなんでしょう。

代官餅を買いたかったが、行列がすごくてパスしてしまった。次回は並んでGETするつもり。

photo/上・通称「ボロ市通り」にある代官屋敷。旧彦根藩世田谷領大場代官屋敷、というのが正式名らしい。現在では郷土資料館になっている。
下・ボロ市通り。この少し先を左に曲がると天祖神社があり、そこで代官餅が売られている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九谷

kutani先日、仕事で内房に出かけた折、帰路でカメラマンのO氏が骨董品屋さんを発見。車を戻して、その店に立ち寄った。

店先では、お姉さんが食器洗いの真っ最中。大きなたらいにたくさんの磁器が泳いでいた。最近、骨董の和食器などを収集しているO氏は、すでにお買い物モード全開。よさげな絵付けのコーヒーカップや椀、ウランガラス?のお皿などをバンバン選んでいる。Oさん、本当に買い物うまいな~。

ここは数百円から数千円の日常使いの食器がメインのお店のようで、棚には手ごろな値段で使いやすそうなものがいっぱい。そこで、私は出逢ってしまった。この茶器と。

ああ、このコテコテな顔料の盛り。松と梅に月、椿。金彩で格子を描いた派手派手でポップな図柄。いかにも九谷焼という趣の茶碗。そして、別の棚に同じ絵の湯冷ましが居た。…わかったよ。みんな、我が家へおいで。購入決定!

このセットはたぶん急須も存在していたのだろうが、店には見当たらなかった。ほかの荷物と一緒にどこかにあるかも、と店のお姉さん。縁があれば、いつか逢えるだろう。なんだか、逢えそうな気がするよ。

photo/華やかでかわいらしい松や梅の絵付け茶碗と湯冷まし。このコテコテな感じが九谷のよさだと思う。銘はいずれも「九谷」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仙台へ

gyu-tan-bento今日は仙台出張、日帰りの旅。

東京駅から東北新幹線「はやて」で1時間43分。こんなに近かったかな、と驚くほど、短時間で仙台に着いた。仙台は想像していたほど寒くはなかったが、街中の道端に氷の塊がちらほらと。先週末に降雪したようだ。

ちょうど今日からクリスマスのライトアップ「光のページェント」が始まったばかりで、目抜き通りの街路樹にイルミネーションが灯されていた。仙台駅の屋上も青くライトアップ。仙台は城下町特有の町並みで道路の幅が広く、区画も非常にゆったりしている。とても豪華な夜景だった。

帰りはMAXやまびこに乗車。2階建ての新幹線。仙台だし、とりあえず牛タンでしょ!ってことで、駅弁は「厚切り牛タン弁当」に。容器の底に発熱シートが入っていて、紐をひっぱると自動的に加熱される仕組み。待つこと8分。長いけど、説明書きどおりにお弁当が温まるのを待った。

gyu-tan-bento-open確かに、タンは厚切り。網焼きの網目もついていて、ししとうの味噌漬けとにんじんの煮物が乗っかっている。ご飯は麦飯、とろろつき。しょうゆダレをかけて、食す。ほのかに温い。タンがちょっと固めだったし、絶賛というわけにはいかないが、まあ、おいしい。温かいというのは、やはりポイントが高い。

ケースはけっこう大きいのだが、発熱パックの上げ底分が大きく、量的にはお上品。見た目ほどこってり、たっぷりというわけではない。ガッツリ大盛りが好みの男性には足りないかも。

じつは、「牛タン弁当」の近くにあった「栗おこわ」「鮭はらこめし」にもかなりそそられた。次回はそのどちらかにトライしてみよう。

photo/厚切り牛タン弁当。容器の底に発熱するパックが仕込まれている。とろろは袋に入って別添えになっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Group F

2006ワールドカップ・ドイツ大会、組み合わせ決定。

現地抽選会場でくじを引いたゴンちゃん、タキシードはいいとしてストール(スカーフ?)がえらい派手だったんですけど。まあ、彼なら許せるか~。

ブラジル、クロアチア、オーストラリア、日本。F組はブラジルの1位抜けは確実と見られるが、2位はかなり微妙! クロアチアは強豪相手に勝ったり、とにかくしぶといイメージがある。前回の日韓大会では決勝リーグには進めなかったけれど、その前のフランス大会では3位。赤と白の市松模様のユニフォームがカッコよくて印象的。オーストラリアはどうかな。ヒディンク監督の勝負強さが怖いな。

そして天皇杯。鹿島は順調に勝利。準々決勝はクリスマスイブみたい@仙台。お正月まで勝ち進め!

| | コメント (2) | トラックバック (3)

漁協直営

sanga-yaki7日は久しぶりに保田魚港の「ばんや」へ。新鮮&激ウマの魚料理を食す。

取材と撮影のため、ときおり、千葉の岩井(安房郡富山町)を訪れる。内房の海の町。このあたりは港が多く、魚がとてもおいしい。仕事のあと、必ず訪れるのが保田の食事処「ばんや」。漁協直営の豪快な魚料理の店だ。

  sashimi-teisyoku asadore-zushi

店内の大きな水槽には、獲れたての魚がたくさん泳いでいる。昨日はカワハギ、イセエビ、イカなどが、うようよ居た。とくにカワハギが大漁だったらしく、寿司や刺身にガンガン入っていた。

続きを読む "漁協直営"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会と式

kimono-green 演奏会鑑賞、神社で式典。週末から週明けにかけてイベントが続いた。

4日は「長唄佐門会第百回記念演奏会」@イイノホール。100回記念ということで、今回は全12曲の豪華版。わが師匠も4番組にご登場、しっかり聴かせていただきました。佐吉作品集という構成だったので一般に知られていない曲も含まれていたが、ご盛況でしたねぇ。よかったです。ご出演の先生方、みなさま、おつかれさまでした。

5日、日枝神社へ。名取式。私が名前を頂いたのは昨年だが、この日は昨年と今年の新名取11名の合同式典。本殿に並び、榊、盃を受けて返礼する。雅楽の生演奏つき。布で仕切られた陰での演奏だったので、詳細は見えず。残念。中をのぞきたかったなぁ。

神主さんの祝詞に、本名と芸名がちゃんと述べられていた。ああ、精進いたしまする~。

photo/今回、着た深緑の小紋。淡い色の花の刺繍が気に入っている。渋いマスタード地の織の帯を合わせ、帯締めは着物と同色にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J1最終節

051203-kashima-stadium3日、カシマスタジアムへ。

J1第34節、今季最終日。14時すぎ、優勝の可能性を残した5チームが各地で同時にキックオフ。

ラジオを携帯していた同行のAくんから、他会場の結果を聞きつつの観戦。いきなりセレッソ先制、ついでレッズ。あらら、ヤバイじゃん。と、思っていたら、アントラーズも先制ゴール! ノザワ、お見事。

051203-kashima-vision今日の鹿島は終始イケイケムード。ゴール裏もアツかった。4-0になったときは盛り上がったねぇ。これだけ得点しても、まだ5点取らないとレッズは抜けない。優勝はかなり難しい。でも、ほんの一瞬でも「そうなったらどうしよう」なんて夢を見れたもの。

続きを読む "J1最終節"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

決戦前日

明日、3日はJ1最終節。

全試合が14時キックオフ。16時すぎには、最終順位が決まる。優勝の可能性があるのは5チーム。ワタシはカシマスタジアムでその瞬間を見守る予定。鹿さんは非常に苦しいポジションにいるけれども、最後は意地を見せて~。

今日のお昼は、盆栽のK先生宅でトンカツをごちそうになった。先生はいつも取材&撮影のあと、奥さまのおいしい手料理でもてなしてくださる。感謝。トンカツにスパゲティサラダ、ほうれんそうの胡麻あえ、具だくさんのお味噌汁、白菜のお漬物、デザートに甘~い柿。今日もおいしゅうございました。

先生は「浦和はどーなんだ」と意外にも(失礼!)興味シンシン。さすがレッズの地元だ。なにげにアツい。メインディッシュのあの分厚いカツは、明日はアントラーズが勝つとひそかに願かけつつ、もりもりいただきましたです。今日は早く休んで明日に備えなきゃ~。スタジアム、遠いし…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

クリスマスのパスタ

Christmas-pasta2005年も残すところ、あとひと月。快晴、気温も高め。うららかな師走入りの日。

先月、輸入食料品店で見つけて「まだ早すぎ」と思いつつ、安かったので買ってしまったクリスマスモチーフのパスタ(マカロニ)。12月になったし、開封してみた。

サンタクロース、クリスマスツリー、くつした、リボンがついたギフトボックスの形をしたパスタがいっぱい。かわいい! 見ているだけで楽しくなる。

原材料は「デュラム小麦のセモリナ、乾燥トマト粉末、乾燥ホウレンソウ粉末、乾燥ビート粉末、卵白」。黄色いパスタはノーマルとして、緑はホウレンソウか。赤はビートなんだろうけど、では、トマト粉末は? 黄色がトマト粉末入りには見えないけど。食べればわかるかな。今晩、トライしてみよう。

photo/原産国アメリカ。THE PASTA SHOPPEのGOURMET SHAPED PASTAシリーズ。その名も「Naughty or Nice? Pasta」。サンタさん、悪い子にもプレゼントください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »