« ベオグラードへ? | トップページ | ONO »

ゴールドベルク変奏曲

Goldberg最近、またハマりぎみ。1日に1回はグレン・グールドのピアノを聴いてしまう。

邦楽・洋楽ともにいろいろなジャンルの音楽を聴くが(基本はハードロックと長唄だけど!)、クラシックではJ.S.バッハの楽曲を聴くことが多い。楽理的にどうとか、高尚な分析はさておき、バッハの曲は聴いていて心地よいと感じるものが圧倒的に多いので、大好き。「ブランデンブルク協奏曲」「ゴールドベルク変奏曲」「平均律」「フーガの技法」などは本当によく聴く。常に新しい発見があるし、飽きない。さすが古典だと思う。

グレン・グールドの「ゴールドベルク変奏曲(BWV988)」は、55年と81年の録音の2バージョンがある。どちらもグールドのピアノだが、その解釈がかなり違っていて、まったくの別モノに聴こえる。勢い&パワーを感じる55年盤がずっと好きだったのだけど、最近、落ち着いたテンポと音色の81年盤をより好むようになった。iPodでよくリピートするのもこちらのバージョンだ。

この演奏はグールドが理解し、表現する「ゴールドベルク」だ。作曲されたのは1754年。250年も前になる。タイムマシンがあれば、その時代に遡って、バッハとその弟子であるJ.G.ゴールドベルク(クラヴィーア奏者。この曲名は彼にちなんだものという) の演奏をぜひ聴いてみたい。そもそも、この曲は在ドレスデンのロシア大使・カイザーリンク伯爵の依頼による“眠りのための音楽”だったとか。心地よさに納得。当時の演奏は今、我々が考える以上にのんびりしていたのかも。

photo/GLENN GOULD:THE COMPLETE GOLDBERG VARIATIONS 1955&1981 A Stage of Wonder
3枚組みのメモリアルエディション。ボーナスディスクに収録されている、グールド演奏のGod save the King(Queen)+The Star-Spangled Bannerもイイ! イギリス&アメリカ国歌の融合。55年録音のスタジオ・アウトテイク。

|

« ベオグラードへ? | トップページ | ONO »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

おはつに書き込みさせていただきますw
バッハを含め高校ぐらいまではよくクラシックを聴いていたのですが、この間TVでチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を見て、当時と随分印象が違って聴こえるのに気づきました。もちろんその人の演奏(それこそ解釈ですね)によるものもあるのだけど、きっと受ける側の心情とかそういうものも関係するのだろうなと思いながら聴いておりました。
解釈といえば、最近BLACK SABBATH(懐^^)のトリビュートアルバムを聴く機会があったのだけど、SYSTEM OF A DOWNのスノウブラインドが秀逸でした。原曲を消化しつつ自分たちの音としてしっかりと再構築されていて「巧いっ♪」のひとことでした。「おいおい、オバケ屋敷ぢゃないんだよぅサバスはさぁ」とツッコミ入れたくなるような若手バンドのもありましたが(笑)
きっとこれからも、以前には気にならなかった音とか映像といったものが、ふと飛び込んでくることもあるのだろうなと考えたりしております。では、また^^

投稿: 紫野 | 2006.01.14 20:17

>紫野さん
いらっしゃいませ。お元気ですか。
聴き手の心情によって、同じ曲・同じ演奏でも、印象はどんどん変わっていくのでしょうねぇ。年齢とか、環境は心情が変化する大きな要因だよね。KISSやスコピー、シェンカーさんなどは、若いころの勢いのまま、いまだにガッツリ聴いていますが(^^ゞ
サバスか~、懐かしい! 若い解釈を、ちょっと怖いモノ見たさ(聴きたさ)で、聴いてみたいような。デハ。

投稿: yu-chika | 2006.01.15 09:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/8133217

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールドベルク変奏曲:

« ベオグラードへ? | トップページ | ONO »