« ノートン、重い | トップページ | かみ合わない会話 »

Terry's Chocolate Orange

orange-chocolate午後、三味線をガンガン弾いた。やはり、思いっきり音を出すと気持ちいい。夜、忍び駒をつけて控えめに弾くのとでは大違いだ。

少し頑張って2時間ぐらい弾いたら(といってもずっと正座するのは厳しく、休み休み弾いたわけだが)、右手の親指の付け根が痛くなった。2時間でコレかい! 軟弱者でスミマセン。

元々、軽い腱鞘炎があってほぼ慢性化しているのだけど、撥を力まかせに叩きつけすぎているようだ。長唄の撥さばきは、パワフルである必要はない。でもでも、ついつい…。力を抜いて弾けと、家元&師匠にしょっちゅう注意されているのだが…orz

そこで、疲れたときには甘いモノ。手の痛みもすぐに消えるさ~、とおやつタイム。コーヒーを淹れて、まだ空けてなかったチョコレートを開封した。

orange-choco-package風味も見た目もまさにオレンジなチョコ、Terry's Chocolate Orange。さわやかないい香り! しかし味は激甘でかなりこってり。ひとかけで疲れも吹っ飛び、何やら胸焼けが。ミルク味よりダークのほうがよかったかなぁ。

Terry's Chocolate Orange(Kraft Australiaのサイト)

photo/ Terry's Chocolate Orange MILK。包みごとテーブルなどに叩きつけ、チョコを房状に分けてから食す。ひとかけずつ、オレンジの房の形になっている。凝ったつくりだ。
Terry'sはUKのブランドだが、原産国はポーランドと記載されていた。輸入元はクラフト・ジャパン、販売元は明治製菓。近所のナチュラルローソンにて525円で購入。

|

« ノートン、重い | トップページ | かみ合わない会話 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「長唄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/8521264

この記事へのトラックバック一覧です: Terry's Chocolate Orange:

« ノートン、重い | トップページ | かみ合わない会話 »