« チャイブ | トップページ | 染付皿 »

ナガミヒナゲシ

Nagamihinageshi昨日、内房の旧・安房郡富山町で撮影&取材。

合併により、3月20日からこの町は南房総市となった。私はこのことを知らなかったので(隣の市に住む人も知らなかったぐらいだし!)、道端に掲げられた、まっさらの「南房総市へようこそ」という看板を見てびっくり。

新しい住所表記に富山町という名称がないらしく、この日の仕事先でもある園芸研究家のS先生はじめ、地元の方々は残念そう。新住所を聞いただけでは、そこがいったいどこなのか地元の人にも検討がつかない。これでいいのだろうか。

おNEWの南房総市で、こぼれダネからぐんぐん育って野生化しつつあるナガミヒナゲシを見た。地中海沿岸あたりが原産の帰化植物。丈夫で繁殖力が非常に強く、日本のあちこちで増え続けているという。最初に発見されたのは東京の世田谷区という話をネットで読んだことがある。

ナガミヒナゲシはとてもかわいらしい姿だけど、セイタカアワダチソウなどのように他の植物を駆逐するほど屈強で、最近、その生態が問題視されてきているとか。原産地の気候にも似た温暖な南房総では、この植物にとっては天国のはず。S先生のお宅の庭にも、たくさんの花を咲かせていた。

photo/大量に増えたナガミヒナゲシ(長実雛罌粟)。ケシ科の1年草。

|

« チャイブ | トップページ | 染付皿 »

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/9672905

この記事へのトラックバック一覧です: ナガミヒナゲシ:

« チャイブ | トップページ | 染付皿 »