« ヒメアンスリウム | トップページ | チャイブ »

四谷怪談

Yotuyakaidansujigaki14日夜、渋谷で2006コクーン歌舞伎「東海道四谷怪談」を観劇。

今年のコクーンは中村勘三郎が出演ということもあって、発売早々にチケットがほとんど売れてしまっていた。購入に乗り遅れた私は、松竹のwebで席をなんとか確保。2月の初旬で、すでにほとんどの日が残席わずかになっていた。

なんとかGETした座席は2階の最前列。コクーンの2階は初めて座ったが、会場全体がこじんまりしているので、なかなか観やすかった。俳優さんの表情も、なんとか判別できる。ただ、お岩さんがだんだん恐ろしい姿になっていく場面の怖さは堪能できなかったけど。

勘三郎サンのお岩は、情に厚く、また、今は浪人暮らしだが武家としてのプライドもしっかり持っている奥ゆかしい女房といった印象。疑うことを知らない真面目な彼女が、毒薬を病(産後の肥立ちが悪かった)に効く血の道の妙薬と信じて、薬をくれた相手にしみじみと感謝しながら少しずつ口にふくんでいくシーンが圧巻だった。うまいなぁ、勘三郎は…。

お岩の旦那、伊右衛門は橋之助サン。そのイケメンぶりと悪人ぶりがハマっていて、お岩はもちろん、七之助演じるお梅(伊藤喜兵衛の孫娘。この子が伊右衛門に惚れたから、お岩サンが邪魔者になってしまったのだ。毒薬はお梅の乳母がお岩に直接手渡したもの。お岩亡き後すぐ、お梅は伊右衛門宅に嫁入りする)とのツーショットもなかなか美しかった。橋之助サンは正統派でアクがあまり強くないから、重要な役でも印象がライトなときがあったりする。しかし今回は、冷たく言い放ったりニヤリと笑う顔やお岩の幽霊におびえる姿などがしっかり記憶に残っている。

この芝居では、亀蔵演じる按摩宅悦がツボだった。ソフトな物腰と穏やかな声がヨイ。亀蔵サンは本当に器用な役者だ。脇を固める弥十郎サン、笹野高史サンとともに、芝居のいいスパイスになっていたと思う。終演後のカーテンコールは3回。勘三郎が座長の公演は、ラストの盛り上がりがやっぱりすごいと思った。

昨日観た「南番」は、94年の第1回コクーン歌舞伎のときと同じだという。今回はサブエピソードを絡めた「北番」が新作。しかしチケット取れず。当日も無理だろうなぁ。扇雀サンは「南番」でお岩の妹役だったが「北番」では立役、しかも二役。うーん、こちらも観たい。

photo/2006コクーン歌舞伎「鶴屋南北作 東海道四谷怪談」パンフレット。表紙絵はもちろん宇野亜喜良の作。

|

« ヒメアンスリウム | トップページ | チャイブ »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/9604049

この記事へのトラックバック一覧です: 四谷怪談:

« ヒメアンスリウム | トップページ | チャイブ »