« 調子 | トップページ | 節句 »

フンボルトペンギン

Humboldtpenguine鳥網ペンギン目ペンギン科フンボルトペンギン属。南米大陸の西海岸側、ペルーからチリ沿岸に棲息。フンボルト海流に沿って分布する。

写真は5/1、よこはま動物園ズーラシアで撮影したフンボルトペンギン。仕事とはいえ、久しぶりに動物園を訪れて、昨日は子どもにかえった気分。いちばんはじめに会った動物は、大好きなゾウだった。

ズーラシアは開館7年とまだ新しく、回遊式の庭園のなかに動物を配置した「動物・植物・人の文化を織り交ぜながら世界の環境を演出」(ズーラシアのパンフレットより)するユニークな動物園だ。世界は「アジアの熱帯雨林」「亜寒帯の森」「オセアニアの草原」「中央アジアの高地」「日本の山里」「アマゾンの密林」「アフリカの熱帯雨林」に分けられ、それぞれのエリアには特徴的な植物が植えられ、各地の自然が再現されている。

昨日の横浜は最高気温27.1℃。都内や埼玉ほどの暑さではなかったが、いきなりの夏日に動物たちはつらそうだった。もちろん、炎天下に広い園内を取材で歩き回る我々も大変だったけど。

ほとんどの動物が日陰でごろごろして涼をとっていたのだが、水槽のあるフンボルトペンギンやホッキョクグマはクールに、元気にスイミング。暑さのなか、うだっていた雄のインドライオン(5頭の雌はみなハツラツとしていたのだが、唯一の雄は疲れたオヤジ風で元気がなかった)ほか、陸の動物たちからブーイングが出てきそうなぐらい、快適で楽しそうな光景だった。

photo/ガラス張りの水槽ぎりぎりを回遊するフンボルトペンギン。携帯電話で撮影した画像だが、けっこうキレイ。水のなかが気持ちよさそう~。

|

« 調子 | トップページ | 節句 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/9871410

この記事へのトラックバック一覧です: フンボルトペンギン:

« 調子 | トップページ | 節句 »