« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

オフシーズン

バイエルンが来日中。カーンもシュバイシュタイガーも、今、日本に居る。

ヨーロッパのサッカーリーグはオフたけなわ。資金集めの営業極東ツアーも、今年はワールドカップがあったためか、例年より少なめだ。そういえば、昨年はロナウジーニョを横浜で見たなぁ。

カンナバーロ、ニステルローイが加入したレアル・マドリッドが気になる。今年は日本に来ないのね~。白のユニフォームを着たカンナちゃんをテレビのニュースで見たが、坊主頭なのでロベカルに激似だった(w 試合が見たい!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

勲章菊

Gazania太陽に向かって咲く花、ガザニア。

和名は勲章菊。派手な花形は勲章のマークそのもの。わかりやすいネーミングだ。

南アフリカ原産のキク科の1年草。開花時期がとても長く、うちのベランダでは真冬も花をつけたりして、四季咲きの多年草と化している。日当たりがよい場所が大好きなようだ。

photo/ガザニアの花。紅白の花弁がキュートな品種。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニョッキ

Gnocchi少し前に、家庭菜園で採れたじゃがいもをたくさん頂いた。最近、外食の機会が多くて、ちゃんと料理をしていない。じゃがいもは日持ちがするのでまだまだ大丈夫そうだけど、ちょっと頑張って消費しようと、昨日、ニョッキを作ってみた。

今回は卵ナシ、薄力粉オンリー(強力粉を使わない)のシンプルレシピ。大きなじゃがいも3個を皮つきのままゆで、熱いうちに皮をむき、裏ごしする。裏ごしはざると木ベラで。ボウル状のざるを使ったので、側面からもじゃがいものペーストが出てきて、大変だったorz

Gnocchipomodoro裏ごしたじゃがいもに薄力粉約120gと牛乳約10ccを足して木ベラでさっくり混ぜ、最後に手で全体を練る。ここで練りすぎないのがポイントらしい。

Gnocchigenovese練った生地は打ち粉をしながら太さ1.5cmの棒状に伸ばし、2cmぐらいずつに輪切りする。飴みたいでおもしろい。この塊をフォークでくるんと軽く押さえて、筋をつけていく。この作業が楽しい。最初は力を入れすぎてうまくいかないけど、慣れると大丈夫。…のはずなのだが、生地に水分が多すぎたのか、今回はくるりときれいにひっくり返らない。油断するとフォークに生地がくっついてしまう。うーむ、ちょっと生地がやわらかすぎたか。きれいな形にならないよう。

沸騰した湯に5%ほどの塩を入れ、生地を入れる。これが浮いてきたら完成だ。OK、無事に浮いてきたよ。ふわふわのじゃがいもニョッキのできあがり。生地がやわらかめだったので、ぷるぷるになったのだろうか。形はぶかっこうだけど、なかなか美味。食べすぎに注意!

photo/上・フォークで筋をつけたニョッキ生地。薄くすると生地がくっつくので、こんな厚みに。形が悪いのはご愛嬌(^_^;)。
中・下/冷凍しておいた手作りのトマトソースとジェノベーゼソースで食す。うまいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完熟

Tomatosauce冷蔵庫の野菜室にトマトが3つ。皮がほんの少しシワシワに。ヤバい、そろそろ食べきってしまわないと。

品種名はわからないが、煮込み料理用の肉厚のトマト。生だとちょっと大味だけど、煮込むと甘みがよく出て、おいしい。とりあえず、ぐつぐつ煮込んでトマトソースにした。オリーブオイルにニンニクの香りを少しだけ移して、湯むきしたトマト、白ワイン、オレガノ、タイムを入れてただ煮るだけ。40分ぐらい弱火にかけた。最後に塩、コショウを控えめに。

トマトが完熟だったから、こんなにいい色に仕上がった。小分けしてさっそく冷凍。何に使おうか。パスタもいいけど、ピザもいいなぁ。

photo/太陽の色のトマトソースができあがり! 小分けして冷凍しておくと、忙しいときに重宝する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツバメ

Tsubame01昨日(22日)、アクアラインのうみほたるは朝から人でいっぱいだった。夏休みなんだねぇ。

雨で延期になった撮影で南房総へ。湾岸線もアクアラインも、道路はそう混んではいなかったのだが、うみほたるの駐車場は行きも帰りも大賑わい。観光バスの団体さんも多かったようだ。ここのトイレで並ぶなんてめったにないことなのだが、昨日は行きも帰りも行列ができていた。

Tsubame02南房総市の道の駅「富楽里」で、ツバメの巣を発見。ヒナはもうずいぶん大きくなっているようす。親鳥が何度も何度も餌を巣に運んでいた。ツバメって地面すれすれに飛ぶんだね~。優雅に空を舞うツバメを見ながら、南総のゆったりした空気を思いっきり吸う。うーん、細胞の隅々までキレイになりそうな感じ。

梅雨明けが遅れるらしい。各地で大雨が続いており、被害は甚大だ。まだ降るのか。

photo/ツバメの巣。親鳥が一生懸命、餌を運んでいた。ちょっとわかりにくい画像でスンマセン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

両成敗

ジダンに罰金などの処分=マテラッツィにも出場停止-FIFA (by Sports navi, 時事通信)

ジダンは3試合の出場停止&罰金約70万円、マテラッツィは2試合出場停止&罰金約46万円。MVPはそのまま。引退したジダンに、国際試合出場停止とは…。別のニュースでは、出場停止は執行不能なため、3日間の社会奉仕活動のペナルティが追加されたということが伝えられていた。社会奉仕って、何をするのだろう。

人種差別的発言はなし、とのこと。喧嘩両成敗となったわけだが、ジダンの一連の行動がちょっと痛々しい感じで、なんだかなぁ。あの会見と今日の裁定で、彼(とその家族)の名誉が回復したわけでもないと思うのだが。

イタリア代表って、国際大会でヒール(悪役)な役どころにされてしまうことが多いような気がする。あと、オランダも。どちらのサッカーも私は大好きなのだが、ちょっとダークな存在もまた魅力だったりする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

J再開

ワールドカップ終了から10日、中断しいていたJリーグが今日、久々のキックオフ。

さきほど結果をチェック。川崎、強い。鹿島は逆転したのに、またひっくり返された、と。柳沢は先発で75分に本山と交代。シュートは打ったんでしょうか~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山鉾巡行

Huneboko終日、京都はざんざん降りの大雨。祇園祭の山鉾巡行は、この雨のなかで行われた。

Kikusuiboko今日は仕事を離れて、個人的に祭を見に行った。祝日でもあり観光客は多いが、大雨のためか、思ったほど混雑してはいない。四条や烏丸、御池通りでも、人はたくさんいるものの、ぶつかったり押し合ったりすることもなく、自分のペースで歩きまわることができた。いらち(大阪弁で「せっかち」の意)な私でも、ストレスを感じることがなく。これは雨のおかげか。

四条烏丸のスタート地点を少し見て、あとは御池通りでじっくり見た。山鉾の豪華な調度品にはビニールがかけられていて、どれもはっきりと見られず、残念。今年は曳き初めも宵山も見たけれど、ずっと天気が悪くてビニールが外されることはなかった。お囃子さんが乗り、祇園囃子とともに勇壮に通りを進む鉾の合間に、こぢんまりとした山が3基ずつ続く。この雨のなか、濡れながら静かに練る山たちは、なかなか儚げで独特の味わいが。

Housyoyama祇園祭は貞観11年(869)、疫病の災厄を祓うために祈願したことから始まったお祭で、応仁の乱後の明応9年(1500)に再興されて以来、現在行われているような山鉾巡行を初めとした様式が定着したという。数々の変遷はあるにせよ、今のような形になって500年余。さすがに京都である。

この雨はまだ続くようだ。各地で大きな被害が出ている。祇園祭の山や鉾は、疫病の災いを集め、それを祓うために都大路を巡行する。この雨の災厄も長刀鉾のひと太刀で、祓ってしまえないだろうか。夕方の新幹線で帰京。東京も雨。

photo/上・四条烏丸を通過する船鉾。とても美しい姿の鉾だ。宵山で船鉾のちまきを購入。玄関にかけて厄払い。
中・モダンなお囃子がカッコいい菊水鉾。しかし今日は雨でお囃子もあまり響かず。御池通り。
下・平井保昌が和泉式部のために紅梅を手折ったという伝説に由来する保昌山(ほうしょうやま)。ビニールかぶった保昌さんの姿があはれ。御池通り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宵山

Giontyouchin_1今日は祇園祭の宵山。またまた京都へ行ってきます。

Naginataboko_1宵々山も宵山も例年混雑するけれど、今年はちょうど週末、しかも連休に当たっているので、ものすごいにぎわいだろう。昨日、四条室町近くに住む知人に電話したら「人が多うて、外に出られへん!」と。鉾町に住むのも大変そうだ。

photo/上・四条通りにかかる提灯。2つの家紋は八坂神社の紋。
下・長刀鉾。祇園祭の山鉾は年代モノの工芸品で飾られており、“動く美術館”といわれている。いずれも12日撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祇園祭

Tsukihoko12日、京都へ。仕事で、祇園祭の鉾の曳き初めを見てきた。早いところではもう鉾の前に提灯が立っていたので、夜はキレイだったかも。残念ながら、昨日は日帰りだったため、それを見ることはできなかったが。

久しぶりに生で聴く、コンチキチンのお囃子。何年ぶりやろ。ええなぁ、やっぱり。

京都の祭というと、葵祭や時代祭の平安貴族風ののんびりイメージを思い浮かべる人が多いけれど、祇園祭はなかなかアクティブな庶民のお祭りである。鉾や山を立て、動かすには、かなりの技術が必要。あの大きな山鉾の骨格は、木材を縄で巧妙に組み合わせる伝統的な工法で作られている。大工さんたちの腕の見せどころだ。

美しい彫刻や年代モノのタペストリーなどで彩られた鉾に、鉦や笛を持ったお囃子さんたちが乗り込み、扇子をもった2名の先導役(「エンヤラヤー」と声を掛ける人。役名失念)もスタンバイ。そして、鉾は動き始めた。曳き初めは鉾町内でのテスト走行だ。町内を少し動かすだけなのだが、それでも、通りのワンブロック分はある。見ているとけっこう移動距離があって、迫力満点。子どもを含む、地元の方々が鉾につけた紐や布を握り、みんなで曳いていた。鉾車が軋んで立てる、あの「ギシギシ」という音が、私はとても好きだ。

今年は宵々山からちょうど3連休にハマってしまった。すごい人手になりそうだ。祇園祭はじつは7月1日から1ヶ月かけて行われる壮大なお祭りで、山鉾巡行だけがすべてではない。でも、やはり巡行は特別! 17日は雨になりませんよーに。

photo/曳き初めでゆっくりと動き出す月鉾。ここは浴衣の柄もカッコいいんだよ~。バックするときは、先導の2人が反対側に乗って、すかさず前後をチェンジ。さすがにUターンはできないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MVP

ワールドカップのMVPはジダンに決定。前回はカーンだった。準優勝国から選ばれるのも、なんだか興ざめ。

イタリアのカンナバーロとピルロへの得票数が割れてしまったため、優勝したイタリアからは選ばれず。頭突きで退場処分になったジダンがMVPとは、皮肉な結果になったものだ。名誉を著しく傷つける暴言を吐かれたのだろうけど、その挑発にのるのも大人げない。

それにしても、マテラッツィは何を言ったのだろう。

続きを読む "MVP"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Auguri!

イタリア、なんとPKで勝利! 

カモラネージがセレモニーの前に自慢の(?)ちょんまげをバッサリとカット。あの侍ヘアは願掛けだったのか。ガッちゃんは短パン脱いで白のおパンツを見せてたけど、すぐに替えの短パンを渡されてた(w トッティはイタリア国旗をマチコ巻きにして挙動不審な動き。最後まで、個性豊かでおもしろいチームだったよ。

ジダンはなぜ、あの場面で頭突きをしてしまったのか。挑発にのったのだろうが(のせたマテラッツィがうまい)、ラストゲームの去り方としては、かなり美しくない。あれで、フランスにダメダメな雰囲気が漂った。まして、PKでは…。

PKに弱いというジンクスも決勝で吹き飛ばしたイタリア代表に拍手。Auguri  Azzurri! おめでとう、アズーリ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

杯を得るものは

昨晩(9日)からアクセス後の画面がヘンだったんですが、ココログさん。ここ数日の異常な重さといい、何かヤバイ? 11日14時~13日14時、48時間更新できない大々的なメンテナンスを行うそうだが、本当に大丈夫??

開幕からひと月。2006ワールドカップ・ドイツ大会も、決勝戦を残すのみとなった。

ジダンのラストゲームだという。フランスとしては花試合にしたいところだろう。テレビの報道などを見る限り、そういったムードがなきにしもあらずで、そのとおりになるのもなんだかツマランのです。

派手さはないが、妙に結束が固く、組織としておもしろいのが、今大会のイタリア代表だ。守備、攻撃のバランスがよくて、無駄がない。それぞれのキャラも立っていて、もちろん、個人のウォッチングも楽しい。本日の注目選手は、まず、ガッちゃん。決勝ではどのぐらい走るんだろうねぇ。ガットゥーゾはジダンを止められるのか。ワールドカップを掲げることができるのは、どちらのチームなのだろう。

試合で着るユニフォームは、イタリアが青、フランスは白らしい。フランスは今大会ずっとアウェー用の白ユニ。こんなこともあるんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暑いね

Maitch06070703七夕。東京は曇厚く。毎年、こんな天気のような。

Maitch06070701先週の猛暑ほどひどくはないが、連日、蒸し暑い。ごらんのとおり、まいっちはハァハァと舌を出しっぱなし。エアコンはいつも温度を高めに設定しているので、彼女にはまだちょっと冷えが足りないらしい。

Maitch06070702まいっちは2月に子宮蓄膿症の手術をしたが、今では以前より元気いっぱい、動きもキビキビ。甲状腺の障害またはほかの要因でホルモンバランスが崩れているのかも?と、ここ2年ほど獣医さんに指摘されていた薄毛も、この春以降、ずいぶん解消されてフサフサになってきた。チワワ? 豆柴?とよく言われるmaiさんだけど、今はどこから見てもポメだ。

Maitch060127_1暑い、暑い。でも、夏はこれから。梅雨明けはいつになるのかな。

photo/上3枚・モコモコのぬいぐるみ状態。耳を下げるとよけいに丸い。2006年七夕のまいっち。
下・2006年1月27日撮影。まだ子宮蓄膿症の兆候は見られなかった。2月14日に容態が急変し、16日に手術。この写真のころ、すでに体調はよくなかったんだろうなぁ…。気づかなくてゴメン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファイナル

日本海に落ちたミサイルは計7発? 対話ができない相手って、いちばん恐ろしい。

ワールドカップもいよいよ大詰め、決勝はイタリアvsフランスに。攻めきれないポルトガルにPKでなんとか勝ったフランスという印象。フランスは今大会、調子を上げてきているが、決勝ではどうだろう。

アズーリの主力メンバーの何人かが、例の八百長疑惑で所属チーム降格の危機。リッピ監督も疑惑の渦中にいる。そんな不安要素を抱えているから、今回のイタリア代表はチームとしてまとまっているのかな。サブの選手もしっかり働いているし、みんなそれぞれの役割に徹していて、好感がもてる。

ファイナルマッチはもうすぐ。イタリア、がんばれ。そして、フランスも。

ところで、ナカタの引退試合の話が浮上とか。引退表明をこの時期に行ったのが、ちょっと疑問。ワールドカップ終了後では遅すぎるってこと? 負けたら終わりなんだから、次に進むのは当たり前ではあるけれど。ジーコはトルコリーグのフェネルバフチェの監督になるとか。動きが早いね。こんなもんですか~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ITALIA!

イタリア勝利! 延長の最後の最後、14分で0-1、その直後、0-2に。デルピエロはラッキーな今大会2点目を挙げた。

ゲームの余韻を映像でもっと楽しみたかったが、NHKはすぐにニュースに切り替わり、北朝鮮がミサイルを発射したと報道中。3発のうち1発は日本海に落ちたとか。それはワザとなのか、精度が低いのか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと4試合

バタバタと忙しい日が続いている。

ワールドカップもいよいよ、あと4試合のみ。HDDに試合の録画がたまっている。いつ見られるのやら。

ここまで来たら、ドイツ有利なんだろうなぁ。明け方のドイツvsイタリア戦、仕事しながら観るよ。個人的には、決勝はイタリアvsポルトガルがいいんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈良・伊勢路

Sika鹿です。赤福です。

28日、夜に大阪へ。今回の出張は上方落語「東の旅」をたどるもの。「伊勢詣り」の旅でございます。大阪から生駒山の暗峠を越えて、奈良、そして伊勢へ。車で超駆け足の移動だが。

久しぶりに、東大寺の大仏さんや奈良公園の鹿と対面。取材ではあるが、すっかり観光気分なワタシ。鹿せんべいをあげるのをモタモタしていて、鹿に囲まれた。お尻噛まれたよ!

Akahuku伊勢は小学校の修学旅行以来。赤福本店にてできたての赤福を所望。おいしかった~。 今日は京都へ。ワールドカップをじっくり観られないのは残念だが、すっかり旅気分(もちろん仕事なんだけど)で、今週はあっという間にすぎていった。もう7月だ。 アルゼンチン…負けたのね…。

photo/上・角が立派な奈良公園の雄鹿。彼は人なつこいイイ子でした。下・赤福本店にて眺めのよい座敷で赤福を食べた。3個、お茶つきで280円。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »