« 停電 | トップページ | サマーカット2006 »

イエメン戦

アジアカップ2007予選、日本vsイエメンは2-0で日本勝利。オシムJAPANの初の公式戦。シュート本数は多いものの、決められない。決定力不足。いつもの課題が今日も浮き彫りに。

三都主と闘莉王が中心のチームになっていたのが、個人的に違和感アリアリ。この2人は気持ちを前面に出すタイプだから、いいときはとてもいいのだが、突っ走りすぎて怖いときも多い。フリーキックになったときや押せ押せになったときなど、随所で三都主と闘莉王が放つ「俺が俺が」という意識も気になる。闘莉王、前に出るなら得点してほしいよ~。ほかに、プレイでもメンタル面でもゲームを落ち着かせることができる選手が必要だと思った。このメンバーでは、遠藤、阿部、鈴木啓太あたりがその役割になるのかな。うーむ。

ようやくFWが得点。佐藤寿人はやはり運を持っていると思った。先に双子の兄の佐藤勇人が途中出場。日本のA代表では双子が同じピッチに立つのは初めてらしい。寿人が試合中に目の下を打って痣ができてしまったが、同じような場所を勇人も怪我していて、おそろいのようになっていた。この2人、ぱっと見はあまり似ていない。でも、やっぱり双子なんだね。佐藤ツインズ、おもしろい。

次のサウジアラビア戦、どんな布陣になるのか楽しみだ。

|

« 停電 | トップページ | サマーカット2006 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/11469746

この記事へのトラックバック一覧です: イエメン戦:

« 停電 | トップページ | サマーカット2006 »