« 移籍 | トップページ | 駆け込み »

秋草

Yuinomi1_1桔梗に薄。先日、千葉の骨董品屋さんで見つけた染付の湯呑み。

Yunomi2_1高台(糸底)がなく、底全体が丸みを帯びていて、ちょっと変わった形。内側の底のほうまで、秋草の絵がしっかりと描かれているのが気に入った。緑茶を入れると、さわやか。ほうじ茶を入れると渋い感じになる。

ようやく、この図柄が似合う季節になってきた。明日から9月だ。

Yunomi3_1photo/大胆な筆遣いで桔梗と薄が描かれている。銘は「松泉」。お店では詳細はまったく不明。価格も安かったし…。京都の五条坂に土山松泉さんという清水焼の名人がおられるが、このタイプの銘を使われているかどうかはわからず。

|

« 移籍 | トップページ | 駆け込み »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。私の持っている土山松泉氏の小皿にも、そちらの銘と同じ銘が描かれていますよ。

投稿: 清水 | 2006.12.12 13:59

>清水さん
はじめまして!
やはりこの湯のみは土山松泉氏のものなんでしょうか。
貴重な情報、ありがとうございます。
この秋草の絵は伸び伸びした筆づかいがとても心地よく、
お茶を飲むたびにほっこりした気分になります。
染付ってきれいだなと、あらためて思うようになりました。

投稿: yu-chika | 2006.12.13 01:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/11709597

この記事へのトラックバック一覧です: 秋草:

« 移籍 | トップページ | 駆け込み »