« 生落花生 | トップページ | オクラ »

炒り落花生

Rakkaseiiri 生落花生の食べ方をネットで調べていたら、電子レンジでチン!という方法があった。簡単に炒り落花生ができるらしい。

殻ごと塩水に浸した生落花生を封筒に入れて、電子レンジで加熱する。本当に簡単な方法だけど、封筒を使うのがポイントらしい。さっそく試してみた。

なるほど。封筒でないといけないワケがわかった。落花生の殻が加熱中にはじけるのだ。「ボンッ!」という派手な音を出して、封筒の中で殻が次々とはじけていく。この音が大きくてけっこう怖いのだが、殻がはじけるたびに封筒が動いて、おもしろい。

Rakkaseihutou 4分30秒加熱した。殻はほとんど割れて中身が飛び出している。こうばしいにおいはまさに炒りピーナツ。市販のもののようにカチカチでなく、ちょっとやわらかで食べやすい。これも「やめられないとまらない」系の味わいだ。

photo/上・電子レンジでチンした生落花生。殻が見事に割れていた。
下・加熱直後の封筒。パンパンに膨らんでいる。口をしっかり折っておくことが大切かも。

|

« 生落花生 | トップページ | オクラ »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

生ぴーなつ美味しそうですねぃ^^
この封筒クッキングは銀杏にも応用できまするw

投稿: 紫野 | 2006.09.25 20:55

>紫野さん
こんばんは~。
銀杏も封筒でチンできるんだ!
東京はイチョウが多いから、この秋は銀杏拾いに行って、
封筒クッキングにトライしてみますねー。

投稿: yu-chika | 2006.09.25 23:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/12013683

この記事へのトラックバック一覧です: 炒り落花生:

» 落花生 | 落花生の育て方、栽培方法 [落花生 | 落花生の育て方、栽培方法]
落花生を食べたことのない方はおそらくいないでしょう。 固い殻を割って中の豆を出して食べる。最近は既に剥かれている状態で売られていることが多く、もしかしたら殻の状態を見たことのないお子さんはいるかもしれませんね。私は千葉県生まれなので子供の頃はよく食べました。そんな落花生、一体どんなものなのでしょう。 ... [続きを読む]

受信: 2006.10.16 13:57

« 生落花生 | トップページ | オクラ »