« ボサギク | トップページ | 秋雨 »

忠臣蔵

まだまだ忙しさは抜けず、泥沼に入ったような感じだが、今晩は歌舞伎鑑賞。

先月チケットを取ったときはこんなに忙殺されるとは思わなかった。寝不足で疲れているし、仕事のことがつねにアタマにあるので、芝居を観るのもちょっと気が重くて。しかし、出かけて正解。座席に腰掛けて舞台を眺める間、久しぶりに自分でいられたような気分。

「元禄忠臣蔵[第一部]」@国立劇場大劇場。3ヶ月かけて、忠臣蔵を全幕上演という豪華な企画ものの第1弾。10月は大石内蔵助を吉右衛門が演じる。

吉右衛門サンの抑えた演技がすごくよかった。ラストの仇討ちを決意し赤穂城から遠ざかる内蔵助の表情がじつに見ごたえあり。歌昇サンとそのご子息の種太郎サンの、きりっとした雰囲気が好印象だった。信二郎・隼人も親子で出ていた。存在感はあったが、隼人サン扮する井岡紋左衛門の今回のキャラづくりは天然なのか、狙いなのか? 今、声変わり中なのかな。

鳴り物だけで、長唄や義太夫が入らない長い芝居。セリフが多くて、見るほうも集中力が必要だがあっという間だった。第二部、第三部も楽しみだ。

個人的には、二部の内蔵助を吉右衛門で観たかったなぁ。藤十郎サンで、京都で隠棲し遊ぶ内蔵助は濃すぎるような気がする。三部は幸四郎で討ち入り。これはNHKの大河ドラマ風になるのだろうか。「元禄繚乱」の勘九郎(当時)はよかったけど…。

|

« ボサギク | トップページ | 秋雨 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/12348428

この記事へのトラックバック一覧です: 忠臣蔵:

« ボサギク | トップページ | 秋雨 »