« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

ドーピング?

1日に始まるアジア大会では、チェスもスポーツの競技種目のひとつとなっている。

チェスの選手にも薬物検査、効果のほどは・・・(ロイター)

こんなニュースを見かけた。頭を使うゲームにはカフェインなんてとても効果がありそうだが、一般的なスポーツ競技の場合、カフェインはドーピングの対象になってしまう。コーヒーを飲みながら優雅にチェスというわけにはいかないってことですか。将棋や囲碁の対局ではお茶を飲みながら続けられたりするが、チェスではどうなんだろう。飲み物は自由なんだろうか。

ところで、ずっと疑問というかすっきりしなかったことなのだけども、今年の「アジア大会」はカタールのドーハで行われるそうだが、これはいったい“何の”大会? 

JOCの発表では、正式名称は「第15回アジア競技大会(2006/ドーハ)」。でも、これもちょっとあいまいな名前かも。プレオリンピックでもないし(意味合いとしてはそういうことなのだろうけど)、この時期に行われる国際大会のわりに、何か中途半端な印象が大きい。個人的にはサッカーを楽しみにしているのだけどね。今晩はサッカー、日本vsパキスタンをTVで見なきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

バイオハザード4

Biohazard4そろそろ年末進行で仕事も詰まってきているというのに、ゲームで現実逃避しそうな気配。まずい。今日はお稽古もあるというのに。

先日、「バイオハザード4」を買ってしまった。帰りにレンタルビデオ屋にふらっと寄ったのが運のつき。まず、DS Lite本体が売られていて、思わず手を出しそうになった。「いかんいかん。私は白いのが欲しいわけで、ここにあるのは他の色じゃないか」と自分をいさめて、DS Liteは回避。

しかし、次にPS2のエリアに進んだのが運のつき。暴力やグロテスクな表現のある制限つきソフトが隔離?されている棚があった。以前は普通のゲームなどに混じって並べられていたのに、最近はバイオレンス表現の子どもへの影響についてかなりナーバスになっているため、今は棚も別になっている。ここで、見つけてしまったのが「バイオハザード」シリーズだ。

初代の「バイオハザード」は、いきなり最初のゾンビにやられてトラウマになり、しばらく1人でゲームをすることができなかった。ゲームはRPGをたまにやる程度のぬるゲーマーな私は、基本的にアクションものが苦手である。その昔、「スーパーマリオ」などはなかなかうまくできなかった。「バイオハザード」シリーズは、アクションの難易度自体はそう高くないのだけど、相手がグロいゾンビやクリーチャーだし、油断すると自キャラがすぐ死んでしまうので本当に嫌になる。しかし、何度も何度も「You are Dead」という画面を見ながらも、妙にハマってしまった。ショットガンでゾンビの頭を至近距離から吹っ飛ばす。これが快感、だなんてかなりヤバいと思いつつ。

続きを読む "バイオハザード4"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドーハ

サッカーU-21のアジア大会2006inドーハが、まもなく開会。すでに一部の試合が始まっているらしい。日本チームは29日が初戦。GKの西川が怪我で辞退したそうだが、みんながんばれ~。

ドーハというと、どうしても、あの「ドーハの悲劇」を思い浮かべてしまう。当時の代表メンバーだった井原が、今回はU-21チームのアシスタントコーチに。時の流れを感じるなぁ。あれから12年も経ってしまったんだね。

オイルバブルに沸く中東の中でも、カタールはとてもリッチな国と聞く。高層タワーの聖火台も建設されたとか。そのタワーにあるホテルのようすとか、見てみたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

浸水

今、NHKのニュースにびっくり。うちから歩いて5分ほどの場所で浸水。水道管の故障?

道路(弦巻通り)も封鎖されているらしい。近隣のマンションの屋内も水びたしのようだ。早く収束しますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェラテ

Latte11月って、こんなに寒かったかな。この週末は本当に冷えた。

寒い季節は温かい飲み物で、ほっこりと。昨日はカップに並々とついだカフェラテを飲みながら、マラソンをテレビで見ていた。冷たい雨の東京をひた走る、選手サンたちごめんなさい、と思いつつ…。

最近、牛乳は低脂肪か無脂肪のものを選ぶようにしているのだけど(お腹のまわりがちょっと気になる今日この頃orz)、コーヒーに入れると、あの薄さがやけに強調されてしまって、イマイチな感じ。しかし、スチームすれば甘みとコクが増すので、カフェラテもグンとおいしくなる。ラテにすると、牛乳をたくさん使ってしまうので、低カロリーでもかさが増えればそれなりに。脂質が低けりゃ、まあ、いいか。

photo/半分だけハートになってしまったミョウチクリンな自作ラテアート。うちのエスプレッソマシンはデロンギのBAR20です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元禄忠臣蔵 第二部

17日16時半〜、「元禄忠臣蔵[第二部]」@国立劇場大劇場。意外にも空席がちらほら。

国立劇場40周年記念の「元禄忠臣蔵」。11月は3ヶ月連続上演の真ん中で、大石内蔵助に坂田藤十郎。京都の山科に隠遁し伏見で遊興三昧の内蔵助を、藤十郎サンが嫌味なく演じていた。

藤十郎サンのキャラ的に、コテコテな内蔵助になりそうで厳しいかも…という先入観があったのだけど、濃いなりに、とても味わい深い人物になっていて、最後までしっかりと感情移入しながら観ることができた。しかし、あまりに人間味にあふれ、端から見ると隠し事がバレバレな人のようにも見えたりして、そこはちょっとマズいと思ったが。

徳川綱豊の梅玉サンが秀逸。先月は浅野内匠頭を演っていたが、梅玉サンはこっちの殿様のほうが断然イイ。第三幕の梅玉、翫雀(富森助右衛門)、扇雀(中臈お喜世)の3人のシーンが見ごたえあり。主役の内蔵助がいないパートだが、すごく厚みがあって、今日の中でいちばんよかったと思う。

休憩時間にロビーをぶらぶらしていたら、受付に扇千景サンを発見。ファミリーが揃っちゃいました。翫雀&扇雀は、藤十郎&千景そのまま。本当にそっくりだ。

本日の最大のお目当ては、内匠頭の未亡人・瑤泉院に扮する時蔵サン。出番はそう長くはなかったけれど、存在感はさすが。品あるなぁ…。キレイだった。松也サン(堀部安兵衛)もカッコよかったです。あと、ハマっていたのは愛之助サンかな。大石主税と羽倉斎宮の二役。憎まれ役(義士たちを支援する漢学者だが内蔵助の動きが見えず、不満を抱いている)の羽倉がなかなか。意地悪な役柄も似合うのか。

先月の吉右衛門サンとは、まったく異なる藤十郎サンの忠臣蔵。吉右衛門びいきの私だが、人情劇という観点からすれば、今回のほうが断然おもしろかった。前回のクールな世界観も、もちろんよかったけれども。今回は討ち入り前夜まで一気に進み、いよいよ来月で完結。年末で仕事がどーなっているか考えるだけでも怖いのだけど、もちろん観に行きます。幸四郎サンの討ち入りはテンション高そうだな〜。三津五郎サンや信二郎サンの出演も楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サウジ戦

サッカーのアジアカップ予選・日本VSサウジアラビアをTV観戦。

場所は札幌ドーム。サポーターがみんな半袖の代表ユニを着て応援していた。空調完備のドームらしい光景だと思った。

オシム監督の千葉びいきは相変わらずで、そこは納得できないのだが、結果は3-1、日本はグループを1位通過。勝てば官軍、ということか。個人的には、ほかの選手をもっと観たかったな。

試合中、津波の速報テロップが画面に入って驚いた。地震の速報もなく、いきなりだったから。東日本の太平洋沿岸全域という広範囲だし。現在、警報は消え、すべて注意報になっている。各地で出された避難勧告はまだ解除されていない。まだ安心できないだろうが、津波は予想より小さいようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寒桜

Kanzakura_1今日は木枯らし。外は真冬のようだった。

3日前、盆栽のK先生宅にうかがった折、寒桜の花が咲いていた。その日はとても天気がよく暖かで、寒桜なんてやけに早いなぁと思ったものだ。しかし、朝夕の冷え込みは晩秋そのもの。盆栽の寒桜は、冬の到来をいち早くキャッチしていたようだ。

明日はまた20℃越えと、東京も暖かくなるらしい。着るもののチョイスが難しい時期だ。

photo/寒桜の花。寒緋桜と大島桜、または寒緋桜と山桜の雑種といわれる、早咲きの桜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レオニーラメッシュ

Leonielamesch サーモンピンクのポリアンサローズ、レオニーラメッシュが開花。思った以上にきれいな花色だ。

9月下旬、花後で少し傷みかけた苗を購入。短く切り戻し、小さめのテラコッタの鉢に植え替えておいたもの。四季咲きなので、数ヶ月待てばまた花をつけるだろうと思っていたが、ひと月余りでつぼみをたくさんつけるまでに。夏の暑さでやられた他のミニバラも、今ではどれも完全に回復している。

バラの生命力って、すごい。

photo/ポリアンサローズ ‘レオニーラメッシュ’。私が大好きな色、サーモンピンクのオールドローズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Vista on Mac

Windowsvistadesktop_3ひと月ほど前にintel Mac(黒のMacBook)を購入したものの、ずっと仕事が詰まっていたので、なかなか遊べずにいた。

ようやく今日、Macで遊ぶ。さっそく、intel CPUだからできることを。Windowsマシンとして、黒Macを機能させてみる。Windowsの次世代OS、VistaがMacにも載るらしい。Vistaのテスト版であるRC1バージョンをさっそくGET(雑誌「DOS/V POWER REPORT」12月号の付録)、Macには、AppleのサイトからBootcampをダウンロードした。

Windowsvistainstall_1Bootcampは最新版の1.1.2。立ち上げてみると、手順は思った以上にシンプルなようだ。MacのHDDに、Windowsをインストールするパーテーションを作成。デフォルトの5Gはあまりに少ない。20Gに決定して、クリック。Macを立ち上げたまま、HDD領域を分割できるらしい。Macintosh Drivers Install CDをここで作成。これで準備は完了。あっという間だ。

Windowsvistawindowいよいよ、VistaのCDを入れて、Windowsの導入。インストールするパーテーションを選ぶときにエラーが出たが、再起動したらあっさり認識。黒Macのワイド画面にWindowsの文字が浮かびあがった。なんだか不思議な光景だ。

Windowsのドライバが入っていないので、最初は音も鳴らなかった。Vista用のドライバを選んで入れ込む。音が鳴るようになった。Macよりも音が大きいかも。ノートなので、キーボードはさほど問題なし。英数キーが死んでいるけど、キーボードの割り当てを変えれば大丈夫そう。

VistaはなんとなくMac OS Xに似ている。久しぶりにMacを購入してMac OS X(現状では10.4.8)に触れたとき、MacなのにWindowsぽくなっていると思った。OS XはXPにもどこか似ていて、MacとWindowsは互いに、近づいているような印象がある。

とりあえず、黒MacでWindows Vistaは無事、起動した。どんなソフトが使えるのかな。Officeは載るのだろうか。

photo/上・Windows Vistaのデスクトップ。モノトーンの葉っぱの壁紙はVistaに入っていたもの。右側のサイドバーと呼ばれる部分に、時計やカレンダーなど好みのガジェットを置くことができる。MacでいうDashboard風。
中・インストール画面。MacBookのロゴの上にWindows Vista Ultimateのロゴが。
下・Vistaのウィンドウはデフォルトで半透明。Vistaではデザインに気を遣っていそうな感じ。今までがオッサンぽかったからねぇ、Windowsは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポテチ

Hardbitepotatepackage_1連休初日。デザイン事務所へ出向くと、みなさんフツーにお仕事中。おつかれさまです。ええ、私も仕事でうかがったんですが。あと少しでこの仕事も終わる。連休明けまで、引っ張るのが痛いけど。

帰りに渋谷のデパ地下へ。デパートが開いている時間にうろうろできるなんて、本当に久しぶり。うれしいなぁ。

ゆっくりと店内を見て回って、パスタやシリアル、お菓子を買い込んだ。今日のヒットは、Hardbite Potate Chips ROCK SALT & VINEGAR。製造はカナダのメーカー、Naturally Homegrown Foods Ltd.。青い袋。ソルト&ビネガー味のお菓子って、青のパッケージが多いような気がする。

Hardbitepotateジャガイモが少し厚めでバキバキした触感。岩塩&ビネガーの味はけっこう濃いが、酢が効いているので脂っこさを感じないので食べやすい。このポテチはプリングルズの青缶ほど酸っぱくなくて、1枚2枚と次々食べられる。ソルト&ビネガー系の味は大好きだから、食べ過ぎに気をつけなくては!

photo/Hardbite Potate Chips ROCK SALT & VINEGAR。おねえさんの笑顔が印象的なパッケージ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »