« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

八朔

Hassakumarmalade先日、園芸家のS先生からおいしい八朔をいただいた。実がスカスカしていなくて、ジューシーでほんのり甘い。もちろん、八朔特有のキリッとした酸っぱさもばっちり。S先生も「久しぶりにこんなおいしい八朔を食べた」とおっしゃっていたけれど、本当においしかったです。ありがとうございました~。

柑橘類は大好きだが、扱いが簡単な温州みかんをうちではよく食べている。八朔や夏みかんは剥くのが面倒なので、敬遠しがちだ。しかし今回は、このおいしい八朔の皮も堪能すべく、マーマレード作りに挑戦してみた。5個分。そのうち3個は酸っぱ甘い実をしっかり味わい、残り2個は果実も一緒に煮ることにした。

続きを読む "八朔"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

玄米ごはん

                       Genmaigohan01_1

                       Genmaigohan02_2

                       Genmaigohan03_2

最近のマイブームは100%玄米のごはん。

サイズと色で迷ってしまい、なかなか買えなかったLE CREUSETのココットロンドをついに購入。クルーゼで炊くお米は本当においしくて、とくに玄米が簡単にうまく炊けたことに、感激。弱火で放っておくだけでOKだから、本当にラクだ。うちにある鋳物ホーロー鍋はBRICOの小さいのだけだったので、炊飯は2合でも厳しかった。ココットロンドの22cmなら、4合でも余裕みたい。まあね、そんなに炊いてもうちではなかなか消費できないのだけど。

さすがに22cmは見た目、けっこうデカい。重量もあるので20cmでもよかったか…という考えがアタマをよぎるが、そのサイズではほかにホーロー鍋とステンレス鍋がある。22cmで、今度はたっぷりカレーを作ろう。ああ、また冷凍庫がいっぱいになってしまいそうだ。

photo/上・炊飯中。ココットロンドの色はバーガンディ。日本仕様。定番の色展開はどーも気に入らなかったのだが、この色が出ると知り即買い。ほかの色ではデューンがいいな。
中・3合炊いて、こんな感じ。炊き上がりは、カニ穴がしっかりできている。
下・沸騰してから25分炊いたが、おこげは控えめ。次回はもうすこし長めに炊いてみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

80周年

Nagautakyokai_party_32月17日、長唄協会80周年記念パーティー@東京會舘ローズルーム。

長唄協会の創立80周年を記念した集まりで、副題は「受け継ぎたいもの -過去から未来へ-」。長唄協会の重鎮、幹部の先生方、演奏家の方々など錚々たるメンバーが集い、会場はじつに華やか。中村雀右衛門丈もいらしていて、祝辞を述べておられた。ロビーでも会場内でも、雀右衛門サンを近くで見られてラッキ~(ミーハーでスミマセン)。司会はNHKの葛西聖司アナウンサー。歌舞伎、邦楽といえば、男性アナでは今はこの方ですね。

このパーティーを彩る特別プログラムは、歴代の会長・副会長など名人17人の画像、動画、音源で構成したDVD「偉大なる先人達」と、50人ほどの子どもたちの長唄合同演奏。

続きを読む "80周年"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

水仙

Suisen春一番も吹き、うちのベランダもすっかり春モード。と、いいたいところだが、この冬は球根植物の生長が遅い。暖冬の影響だろうか。

とくに、鉢に植えっぱなしの水仙の芽吹きが遅く、葉の長いものでようやく丈12cmほど。5cmほどのものもある。つぼみがやっと立ち上がってきた。昨年は1月下旬から花を楽しんでいたと思う。今年はその1ヶ月遅れぐらいかな。梅や桜は早いのに。

photo/水仙の葉とつぼみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GPS

変死した元モデル、誘拐・殺人未遂で逮捕された現役宇宙飛行士。アメリカのニュースで今、話題の女性たち。

亡くなったアンナ・ニコル・スミスのまわりには死者が多い。きな臭いにおいがプンプン。彼女は石油王の老人と結婚し、未亡人となり義理の息子と遺産相続をめぐり法廷で係争中。昨年、20歳の息子を亡くしているが、その妹にあたる生後5ヵ月の娘がいる。その子の父親として3人が名乗りを上げているとか。遺産目当てか~。便乗して出てくる変なヤツが必ずいるんだ、こういう事件では。

なんだか安易な2時間ドラマ(アメリカにもあるのだろうか?)のようなストーリーだが、これは物語でなく現在進行中のホントのお話。アンナの死に事件性があるのかどうか。そして、彼女が死んだことで、得をする人って誰なのだろう。ところで、彼女のプラチナブロンドはカラーリングだと思うのだけど、どうなんでしょう。

宇宙飛行士のリサ・ノワク。ニュースでは逮捕後に撮られたと思われるいかにも悪人顔の写真が必ず使われ、そのバックにスペースシャトルで作業中の映像が流されていたりして、「道を踏み外したヒロイン」というイメージ。エキセントリックな人のようで、恋敵のところへ1500kmの距離を車でひた走るのだが、その際、時間短縮のためか宇宙飛行用のおむつを身につけていたという(by TBS「ブロードキャスター」)。すごい。もはやフツーではない。

NASAは、ノワク容疑者(被告)に停職30日間、宇宙飛行士の資格停止などを決定。足首にGPS装置を埋め込むという報道も見た。もしそうなったら、衛星で行動を監視されるのだ。アメリカでは再発防止の策として、刑期を終えた性犯罪者にGPSを埋め込んで管理しているそうだが、危ない犯罪者には人権はないも同然ということか。GPSって、カーナビだけでなくいろいろな使い方ができるんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

禁固刑?

如月も七日を過ぎ。超多忙というわけでもないのだが、時間が経つのが妙に早い。

ヒディンク露代表監督に禁固10月求刑…税金申告漏れ(読売新聞)

ワールドカップ2002で韓国、2006ではオーストラリアの代表監督だったヒティンクさん、申告漏れで告発されるとは。

税務署と申告者の間には、お金の使い道についての「見解の相違」はよくあること。隣合っている国にありがちなことだが、オランダとベルギーは歴史的にも仲があまりよろしくないみたい。ヒディンクさんはオランダ人だよね。居住地はベルギーなんだ。禁固10ヶ月の求刑って、どの程度の重みの罪なのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DARE

Dareパッケージがかわいかったので、つい買ってしまった森永製菓のDARE(ディア)。バター10%含有というサブレ。ウォーカーのショートブレッドを思わせる素朴な味でおいしい! このニコニコしたフェイスは全部で6種類あるらしい。

CHOICEやMARRYなど森永のビスケットはどれも大好きだが、DAREは今までのラインとはちょっと違ったカジュアルなイメージだ。定番モノになるのだろうか。

森永は不二家の支援を断念したことを発表した(森永の公式HPにもその文面がある)。不二家には山崎製パンが技術支援するようだが、今後どうなるのだろう。

今日はロッテの商品に異物混入?というニュースも見た。悪いニュースは、どうも連鎖するようだ。消費期限をごまかしたり、異物が紛れ込んだり。こういう事故は、今はみんなが注意深くなっているから発見されて表ざたになっているだけで、以前から普遍的に起こっているコトなのかも…。工場で大量生産される食品はどれも似たり寄ったり、というわけではナイ!と思いたいところである。

photo/森永の新製品「DARE」。素朴な味のバターサブレ。形がかわいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »