« 勉強会 | トップページ | ペチュニア開花 »

羽織紐

       Haorihimotonbodama

春眠、暁を覚えず。いや、眠いのは気候のせいではない。夜中まで手芸なんぞをやっていたからだ。

先日、リサイクルショップで金茶色の綸子の羽織にひとめ惚れして、購入した。モノ自体はちょっと古そうだが、仕付け糸つきの新品状態。4月の錦之助襲名公演を観に行くときにこれを着ようかな~と、密かに盛り上がり中。

この羽織は変わり亀甲柄の織で色無地風。観劇だし、羽織紐に凝ってみようと考えたのが昨日の午後。仕事帰りに東急ハンズへ立ち寄り、金具とビーズを買った。Sカンというのだろうか、羽織紐用のフックが見当たらず、とりあえず金具はカニカンに。ビーズは、昔、仕事でビーズ本を作ったときに集めたパーツがいろいろあるので、今回はカーネリアンとマラカイトの丸ビーズを少しだけ購入した。

で、なんとかできあがったのがこの物体。久しぶりのビーズ細工に戸惑うこと多し。ビーズを何度か床にばら撒き、ボールチップはうまく留まらず、テグスもゆるゆるで…。数回やり直してようやく完成。あれ、思った以上にかわいいかも。金茶の羽織にぴったりだ。

しかし、夜が明けて自然光の中で見たら、ちょっと幼い感じもする。帯の色もまったく考えずに作ってるし。パープル×グリーン、ブラック×レッドの配色とか、メインにタイガーアイやローズクォーツを使うのもよさげだなぁ。また作るか! ああ、またビーズにハマる日々がやってくるのか? 楽しみはまたあとで。さあ、仕事しよ。

photo/とんぼ玉の羽織紐。クリームイエローのとんぼ玉にカーネリアン、マラカイト。ブロンズ色のビーズはセラミック。カニカンを直接つけると羽織の乳(ち/紐をつなげる部分)を傷めそう。やはりSカンは必要みたいだ。

|

« 勉強会 | トップページ | ペチュニア開花 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/14445795

この記事へのトラックバック一覧です: 羽織紐:

« 勉強会 | トップページ | ペチュニア開花 »