« トマト | トップページ | 日本橋にて »

芍薬

Syakuyaku_1「立てば芍薬
座れば牡丹
歩く姿は百合の花」

今日は仕事で盆栽のK先生のお宅へ。強い日差しとそれに負けない元気な新緑たち。庭はすっかり初夏の気配。

その中に、ひときわ目立つ赤い大きな花があった。牡丹に似ているけど、違う。葉や茎を見るとこれは樹木じゃない。牡丹に似た草花って…ああ、芍薬だ! まわりを圧倒するような存在感。牡丹、百合と並んで「美人」のたとえに使われるのも、納得。「あでやか」という言葉がじつにしっくりくる。

芍薬は1日花(1日で咲き終わる花)だと、K先生の奥さまが教えてくれた。これだけ主張が強い花のに、たった1日しか咲かないなんて。いや、印象が強烈だからこそ、命が短いのか。そういえば、ハイビスカスも1日花だな。

photo/鮮やかに咲く真っ赤な芍薬。ボタン科の多年草。芍薬は草本だが、牡丹は落葉低木に分類される。葉っぱも花もじつによく似ている。

|

« トマト | トップページ | 日本橋にて »

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/15036331

この記事へのトラックバック一覧です: 芍薬:

« トマト | トップページ | 日本橋にて »