« 湯島にて | トップページ | 腰痛 »

どら焼き

Usagiyadorayaki今朝、やっちゃいました。低い棚の奥にあるものを中腰で取ろうとしたら、腰がグキッと…。その場からしばらく動けず。

ヘルニアまではいかないものの椎間板が少々悪くて、坐骨神経痛持ちな私。今日のはいつもと違う感覚の痛みだ。昔、腰を傷めたときの神経系の痛みほどきつくはないが、腰の筋肉が張って熱を持っている。捻挫っぽい。これがぎっくり腰なのか~。

幸い、今日は取材など出歩く仕事はなく、電話とメールですませられるものばかり。まともに歩けないので病院へはちょっと行けない感じだ。家でじっと安静にしていることに。腰痛持ちのため、病院処方の消炎鎮痛剤と湿布は在庫あり。湿布を貼って、痛み止めを飲んで、ソファで海老のように丸くなって1日を過ごした。

ごろごろしているせいか、食欲がわかない。腰が痛いと内臓の動きも鈍るのか。…といいつつ、今日はおやつもしっかり食べたけど。昨日、湯島天神に行った帰りに上野(御徒町)の「うさぎや」で買ったどら焼き。賞味期限は今日まで。おいしかったが、昨日のほうが生地がしっとりしていたなぁ。生菓子だから、新鮮なほうがおいしいのはアタリマエか。

上野、日本橋、阿佐ヶ谷。「うさぎや」のどら焼きは有名だけど、個人的には阿佐ヶ谷のお店が一番おいしいと思う。同時に食べ比べると、結果は違うかもしれない。どの店ももう少し甘みが控えめだったらなおヨイのだが。阿佐ヶ谷のどら焼きの感想はコチラ⇒

どら焼きの半分はオーブントースターで軽く焼いて食べてみた。腰が痛いのに食べもののためなら動く、動く(^_^;)  トーストすると、回転焼き(東京では大判焼きだっけ)ぽい味わいに。これもイケる。

明日は痛みがマシになってますように。病院へ行かなくては。それにしても、横になってノートPCの画面を見るのは疲れるな…。

photo/上野「うさぎや」のどら焼き。生地はしっとり、もちもち。餡はけっこう甘い。1個を一気に食べるのはちょっときついかな。おいしいんだけどね。お皿の下の紙はうさぎやの包み紙。

|

« 湯島にて | トップページ | 腰痛 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/15317188

この記事へのトラックバック一覧です: どら焼き:

» 風水で部屋を変えよう [風水で強運を手に入れよう]
風水で子供部屋の模様替えをして見ませんか。子供部屋は風水でとてもよい気が流れるようすることができます。風水で部屋作りをすることはその家を栄えさすためにはとても重要です。風水では部屋の配置をとても大事にします。部屋の模様替えをすることで風水上幸運を掴み取ることが可能となります。風水で勉強部屋をよい方角に持ってくることで、子供の勉強への威力も変わってきます。また、風水で部屋の色や部屋の間取や子ども部屋の方位、インテリアを変えることで恋愛運も上昇します。風水で部屋の家具の配置を決め...... [続きを読む]

受信: 2007.06.08 06:47

» ぎっくり腰について [ぎっくり腰 治療と対処法]
○腰痛について腰痛はぎっくり腰と深く関わってきますので、最初に腰痛についてお話しておきます。人間の体は脊椎、椎間板、筋肉、靭帯、軟骨、腹筋、背筋などがバランスを保つことによって支えられています。この腰椎には、想像以上に大きな負担がかかっているため、そのバランスが崩れると、腰椎に負担がかかり、腰痛などの症状を起こします。慢性の腰痛症は、腰に負担のかかる姿勢、過労、肥満、運動不足など、日頃の生活習慣や生活動作が誘因となります。痛みはひどい時もあれば、軽い時もありますが、とくに不自...... [続きを読む]

受信: 2007.07.10 12:08

» 坐骨神経痛 予防と治療 [たーしの徒然なるままに]
坐骨神経痛とは坐骨神経という腰から始まり足先まで続いている神経が圧迫されることによって生じる痛みや痺れのことです。一般的な坐骨神経痛の症状は臀部(お尻)から足にかけての痺れや鈍い痛みですが、時には激痛で発症することもありますし、足の指先までの広範囲にわた...... [続きを読む]

受信: 2007.07.14 17:34

« 湯島にて | トップページ | 腰痛 »