« 祇園祭 | トップページ | アキバと神田 »

ギラ

Gira_1 Gira_nanbanduke

昨日、仕事で南房総へ。道路の整備が進んで高速もつながり、都内から旧富山町(現在の南房総市)へは車で2時間と少しで着くようになった。アクアラインができる前は5時間ほどかかっていた道のりだ。ずいぶん便利になったなぁ。

南房総は食べものがおいしいところだ。中でも、魚は絶品。仕事のあとの遅い昼食はたいてい「ばんや」(金谷港近くにある漁協直営の食事処)でとる。さまざまな魚の刺身、焼物、煮付などがあり、お寿司も食べられる。私はアジのなめろう定食を頼み、みんなで単品のイカのかき揚げ、真イワシのフライを分けて食べた。うまい!

「ばんや」の前の広場は干物売り場になっていて、ここの干物がまたおいしい。アジ、イワシ、サンマ、コノシロ、サバ、タチウオ、イカなど種類もいろいろ。みりん干しもある。今回はギラを購入。ギラは長さ7cmほどの小さな魚で、骨ごとバリバリ食べられる。調べてみると、正式な名前はオキヒイラギ。スズキ目ヒイラギ科に属する魚らしい。内房でギラと呼ばれているが、ニロギ(高知)、エノハ(静岡)、エバザコ(鹿児島)など、地域によって名称が異なるようだ。

1パック500円。1パックといっても、干物屋のおじさんがてんこ盛りに詰めてくれるので、3~4パック分はゆうにある。この魚はとくにオマケが多いみたい。市場では安値でしか売れないし、余って仕方がないのだろう。

大量のギラは素揚げにして半分を南蛮漬けに、残りを冷凍することにした。エラとワタを軽くとり、片栗粉をまぶして油で揚げる。ちゃんと数えたわけではないが、全部で120~130匹ぐらいかな。かなりの量だ。フライパンで揚げ焼きのようにしたのだが、当然1回では入りきらず、4回に分けてフライ終了。

揚げたてのギラは塩だけでもすごくおいしい。小さいけれど、しっかりしたうま味のある魚だ。南蛮漬けは明日以降のお楽しみ。おいしく漬かりますように。しばらくはギラでたんぱく質&カルシウム摂取の日々になりそうだ。

photo/素揚げしたギラ。南蛮漬けはセロリ、タマネギ、ピーマン(パプリカ)をたっぷり入れて漬けてみた

|

« 祇園祭 | トップページ | アキバと神田 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/15828325

この記事へのトラックバック一覧です: ギラ:

« 祇園祭 | トップページ | アキバと神田 »