« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

クラッシュ

Wara相変わらず仕事に追われ、バタバタしている。気づけば、なんだか秋の気配。西日本はまだ暑いようだが東はずいぶん気温が下がっている。北海道はもう10℃台とか。

デジカメが壊れた。カードクラッシャーになっちゃった。CFカード計3枚クラッシュ。バックアップを取ってなかった画像がパー。ショックだ…。デジカメは仕事のメモ代わりとして重宝しているので、ないと困る。そういえば、以前はポラロイドをメモ代わりに使っていたなぁ。ポラはピントが甘いので簡単な確認程度にしか使えなかったが、あれでもないよりマシだった。ああ懐かしい。

携帯電話のカメラでは諸々限界があるので(一番の問題はシャッター音)、デジカメをなんとかしなくては。壊れたカメラはCANON IXY DIGITAL 400。調べてみると2003年3月発売のモデルだった。デジタル家電で4年というと、ひと昔どころかさすがに完全に旧世代という感じだなぁ。私のように適当にメモ&日々のちょっとした記録をカメラに収める程度の使い方では400万画素でも充分すぎるぐらいだが、液晶が小さくて撮った画像のピントを確認しづらいのが難点といえば難点で。新しいデジカメ、さっそく探しに行かねば。

photo/先日、仕事で訪ねた南房総にて。田んぼは8月下旬に刈り取られ、藁がきれいにかけられていた。デジカメのデータはクラッシュ。これは携帯電話で撮ったもの。秋だなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プレ講座「長唄三味線(歌舞伎長唄の話・実演)」

Hosozaoこの秋、わが師匠がカルチャースクールで講座を始めることになり、9/23(日)にその「プレ講座」(お試し回)が開かれることになった。講座のタイトルは「長唄三味線(歌舞伎長唄の話・実演)」。私も少しお手伝いすることに。

本日、プレ講座の内容について作戦会議。えーと、少しだけネタバレを。2本立てで、大雑把に言えば「三味線にふれてみよう・弾いてみよう」「歌舞伎の名シーンに使われる長唄の解説と実演」という感じ。23日はオープン講座なので、受講生の数もわからず(ゼロの可能性も!)、こちらもまったく手探りの状態だ。生徒さんがたくさん来られた場合は三味線の実技が行き渡るかどうかも不安。どうなることやら~。つーか、まず、私自身お稽古しないとヤヴァイです。

お試しでも有料だから、「サクラ大歓迎!みんな来てね~!」というわけにもいかず…。連休の中日だしねぇ。でもでも、ご興味のある方はぜひお越しくださいませ! 当日、教室にてみなさまをお待ち申し上げまする。

目黒学園カルチャースクール 
http://www.megurogakuen.co.jp/index.html

●長唄三味線(歌舞伎長唄の話・実演)
講師/杵屋佐近
   [(社)長唄協会演奏委員長・長唄佐門会幹事]
   杵屋佐喜三郎
   [長唄佐門会幹事]

【プレ講座】
日時:2007年9月23日(日)13:00~14:30
場所:目黒学園カルチャースクール 
   第三教室 若葉興業ビル(JR目黒駅西口徒歩3分)
    東京都目黒1-3-17 若葉興業ビル3階
受講料:1050円

ちなみに本講座は以下の日程。
【10月開講 本講座】
日時:2007年10月~12月 第1・3日曜
   10/7、10/21、11/4、11/18、12/2、12/16
   13:00~14:30(全6回 計18900円)

歌舞伎や長唄に興味ある方がお近くにおられましたら、「こんなのあるみたい!」とぜひぜひお伝えください。みなさま、どうぞよろしくお願い申し上げます<m(__)m>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

反応

すっかり更新間隔が開いております。忙しい…んー、これを理由にはしたくないのだけどなんか公私ともにバタバタな今日この頃。

本日、安倍首相辞任。さきほど本人による会見も行われたが、裏で何があったのか本当に急なことで。この件に関する、まわりの政治家サンたちの反応を見るのがおもしろい。とくに野党のみなさん。

「総理は責任を取り、辞任すべき」とあれだけ叫んで方々が、いま「辞任は無責任」と言っている。何事にせよ、突然、一方的に辞意表明を出すという行為は確かに無責任。だが、そのことだけを突っ込むのもね…。ただアマノジャクに反論していればいいっつーもんじゃないでしょ。反自民志向の方々にとっては、ここでどう切り込み、どうイニシアティブを取っていくかが腕の見せどころ。しかし、この大チャンスにも、彼らはいつもの“揚げ足取り”に終始してしまうんだろうか。それじゃあ、何も変わらないんだけど。

今後、続々発表されるであろう“センセイ”方の反応が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »