« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

べったら市

          Bettaraichi_ebisu

          Bettaraichi_yatai

          Bettaraduke

10月19・20日、「べったら市」。日本橋の宝田恵比寿神社の門前に「べったら漬け」の露店が並ぶ。江戸時代の中ごろから行われている、江戸の庶民のお祭りだ。

19日の夜、現地へ。日が暮れて雨が降り始めたが、けっこうな人手だった。「べったら漬け」はダイコンの麹漬け。浅漬けで味は甘め。いくつかの露店で試食して、おいしかったところで購入。量り売りで、40cmぐらいの長さのダイコンに塩漬けの葉っぱがたくさんついて1300~1500円ぐらい。んー、安くはないなぁ。

恵比寿さまに参り、焼きそばとたこ焼きとビールを買って、すぐ近くの師匠宅へ。先生は今月、三越劇場の澤瀉屋(おもだかや) の芝居に出演中。ほかの長唄演奏家の方々も集まっての飲み会に。奥様、おいしいお料理をありがとうございました(「べったら漬け」忘れて帰ってすみません)。

私は電車のある時間に失礼したが、3時ごろまで宴会は続いたとか。早めに帰ったのに山手線でぐるぐる回っちゃった人もいたってホントですかぁ。翌日の芝居は当然、午前中に開演。大丈夫だったんでしょうか…。まあね、二日酔いで舞台って、役者さんや演奏家さんたちにとってはごく日常的なコトらしく、酒臭くても頭が痛くても芝居は連日フツーに行われ、感動の演技・演奏を見せてくれるワケですが。さすが、プロ。

photo/「べったら市」にて。日本橋のオフィス街のど真ん中。駐車場などが宴会場になり、仕事帰りの人たちがあちこちで飲んでいる。19日は雨だったが、人は多かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀田くん

お騒がせの亀田父&次男が謝罪会見。亀田史郎が「ですます」調で話しているところを初めて見た。この一家はいつも乱暴な言葉で誰に対してもタメ口(または馬鹿にしたような、あるいは威嚇するような口調)だったが、本当に丁寧な言葉遣いを知らないんだと思った。マスコミ相手に頭を下げるのが屈辱だったのか、亀父の発声が何かおかしく上ずったような感じ。謝罪や反省の意はまったく感じられなかった。そして長男はどこへ?

坊主頭にした次男は無言。詫びの言葉も何もなし。いまにも泣きそうな表情で、子供っぽい姿だった。彼ら3兄弟は父の教えを守り、その期待に応えるべく言われるままに行動してきたんだね。エキセントリックな言動の親父が怖かったのだろう。父や兄に反則をやれと言われたからやった。そんな感じ。反則はやってはいけないことと知っているはずなのに、上から言われたからやっちゃった。やらないと怒られるから。彼は親兄弟を疑うということを知らないのだろう。そして、自分で考えるということも今までしてこなかったのだろうなぁ。

無知ゆえの愚行。アホな親のせいと片付けるのは簡単だが、父を信じてきた(信じるしかなかった、というほうが正解か)彼らにとって、親の非を認識するのは辛いことだろうね。亀父はどーでもよいが、3兄弟にボクシングの才があるのなら、なんとか這い上がって戦っていただきたい。亀田くんたちの根性をぜひ見せてほしい。

ところで、亀田一家がこういうことになって、損をするのは誰だろう。そしてもっとも得をするのは? 裏の社会でなにか起こったりするのでしょーか。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

R7

Caplio_r7先日、RICOHのCaplio R7を購入。マクロで撮ることが多いので、マクロにしたときの使いやすさでコレに決めた。コンパクトカメラゆえの限界はあるけれど、マクロ時にズームがまったく使えなかった前のカメラ(CANON IXY デジタル400)に比べると、ずいぶんマシ。メディアクラッシャーと化してしまったIXY400も、マクロ以外は使いやすかった。今までおつかれ!

おニューのR7、ズームの音がうるさい&ちゃっちい(すごくおもちゃっぽい)のが気になるが、まあまあいい感じ。液晶モニターが大きいということが、こんなにもラクだとは。この機種は他に比べてとくに軽いわけでも小さいわけでもないのだが、とても軽くコンパクトに思える。数年の間に、デジカメもここまで進化しているんだなぁ。

photo/ボディはオレンジ(というより、赤茶という色味)もよかったが、映りこみが気になりそうだったので黒にした。携帯(ボディは赤×黒。赤が映りこんでる)で撮影。なぜかソフトフォーカス気味。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »