« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

毛氈7段

長唄協会演奏会@国立劇場大劇場。

17時前に現地に到着。けっこう人が入っている。「熊野」から席に着く。国立大劇場は1階よりも2階のほうが音がよいような気がする。舞台も見やすいし。2階の後ろ目、真ん中あたりの席で鑑賞。

「熊野」「松の翁」「勧進帳」「四季山姥」「二つ巴」「臥猫」「土蜘」「娘道成寺」。かなり遅めに行ったのに、8曲も聴けた。開演11時30分、計21曲。全曲を座席にきちんと座って聴いた人はいるのだろうか。もしいるとすれば、エコノミー症候群が心配だ…。

四世杵屋佐吉が作った名曲「二つ巴」は上下巻通しで演奏された。上と下を男女で分分けるなど趣向を変えて演奏することが多いので、メンバーを変えずに一気に最後まで演るのは妙に新鮮な感じ。家元を始め、皆さまおつかれさまでした~。

「二つ巴」のあと楽屋へちらりと伺った。そこは本日の大トリ、各派女子合同による「娘道成寺」にご出演のお姐さま方でいっぱい。鼻炎で嗅覚が鈍っている私でも感じるほど、おしろいのにおいがあちこちから。演奏が終わった男性陣はいつも以上に長居は無用という雰囲気で撤収の早いこと、早いこと。ご挨拶もそこそこに、私も再び席へ。今度は3階で聴く。なるほど、3階も悪くない。

「娘道成寺」の前に20分の休憩が入った。女流合同はなんと7段の大舞台。これはさすがに廻り舞台が使えないのだろう。セッティングに20分かかるということだ。この待ち時間がちょっと興醒めだったけれど、幕が上がり、その豪華な舞台に圧倒された。

緋毛氈が敷かれた7段に並ぶは、181名の黒紋付のお姐さま方。唄も三味線もお囃子もぎゅうぎゅうだ。とくに唄はかなり窮屈そう。曲を楽しむ前に、間隔の狭さとか左右の音のズレ(思ったほどのズレではなかったが)とか、上のほうの段に上がるのは大変そうとか、そんなことばかり気になってしまった。華やかというより、とにかく迫力を感じた1曲。圧巻でゴザイマシタ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ついに…?

Bien嗅覚が極端ににぶっている。チーズもニンニクも、思いっきり鼻をくっつけてかすかににおう程度。

年末から風邪引きを繰り返し、鼻の調子がよくなかったのだが、この週末からにおいをほとんど感じなくなってしまった。においがしないと、食べ物が本当においしくない。大好きなコーヒーも、いまひとつ。食における香りの大切さをしみじみと感じる。においには敏感なほうだったので、悲しい。

鼻づまりもひどくなってきたし、意を決して、今朝耳鼻咽喉科に行ってみた。鼻と喉は元来、丈夫なほうで、大人になってから初めての耳鼻科である。

続きを読む "ついに…?"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

WONKA CHOCO

        Wonka_choco_package

        Wonka_choco_pieces

寒いです。夕方から雨。降り始めはちょっとみぞれっぽかった。今夜はまた雪になるのかな。

その存在は知っていたけれど、なかなか手に入れられなかった「WONKA CHOCO」をようやくGET! 映画「チャーリーとチョコレート工場」(映画の感想は⇒コチラ)の、あのチョコでございます。

最近発売になったのは、映画同様にゴールデンチケットが入ったバージョン。チケットの数は日本で5枚。おそらく、世界各国で同様のキャンペーンが行われているのだろう。映画では全世界で5枚だったから、それに比べると日本で5枚なんてマシなはず。それでも、ものすごい確率なのだろうけど。

いざ開封。あ! 底に分厚いものが入ってる~。……残念、ただの厚紙だったよorz

当たりの5枚を引いた人には、メディコム・トイのウォンカフィギュアがプレゼントされるらしい。うーん、高さ約70cm・1000%のオリジナルサイズ(要するに通常版の10倍の大きさ)とはいえ、サプライズとしては弱いと思う。メディコム・トイのKUBRICKシリーズは大好きなんだけどね。ああ、ウォンカのチョコレート工場に行けたらいいなぁ。またDVDを観ようっと。

photo/WONKA CHOCOのパッケージと中身。ブロックがウォンカのシルクハットのデザインになっている。激甘。だけどおいしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積雪

Snowy_2今年2回目の雪景色@東京。午前中の段階で、人や車があまり通らない道には雪が積もっていた。

三味線を持って外出。キケン。ところどころ氷混じりになった歩道に冷や冷や。荷物が多いと、足元がさらに滑りやすくなる。ケースはビニールシートで厳重に覆って、中が濡れないように保護した。今日持ち歩いているのは稽古三味線なので、気分的にまだラクだ。これが紅木の舞台用だったらと思うとぞっとする。

私鉄もJRも少しダイヤが乱れていたが大きなトラブルはなく、無事に目的地へ到着した。帰りはバスに乗ってみた。こういうとき、バスはラクチンだ。座席に腰掛けていると、バスのタイヤに巻いたチェーンが道路を蹴る振動が伝わってきた。

今晩は路面が凍結するだろうなぁ。明日の朝が怖いっすね。

photo/山手線の最後尾より、携帯電話のカメラで撮影。一面の銀世界。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »