« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

発芽

Germination4月9日にまいたバジルのタネが2週間ほどで発芽、大きいもので丈2cm弱に育ってきた。

市販の種子には有効期限が記載されていて、それをはるかにオーバーしているものだったからどうかなと思っていたが(同じ4月でも気温などが違うかもしれないが、数年前は1週間ほどで芽が出たと記憶)、とりあえず芽が出てきてひと安心。まあ、乾燥状態の種子は何年、いや何百、何千年と生きているという話もあるしね。

これもちょっと前に購入した種子だけど、同時にまいたロイヤルペニーミントなどの芽は少ししか出ていない。今回はピートバンのまき床を使ったが、ピートモスは酸性に傾くから、シソ科のハーブには向いていないのかもしれないなぁ。

photo/バジルの双葉。均等にまいたつもりが、やけに固まって生えてきた…orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

玄米粥

Genmaigayu連休前につき、前倒しの案件がいくつも重なっている。しっかり食べて頑張らないと、と、ここ数日、いろいろ食べ過ぎた。今日は胃が重い。お腹が減っているのにもたれている。何やってんだか。

こういうときはお粥がよさげ。お粥はいろいろトッピングして食べるのが楽しい。今朝は、ぬか漬けのニンジンとシイタケ、ごま塩昆布を玄米粥にたっぷり乗せてみた。漬け物の酸味がいい感じ。しかし、このメニューは一見、ヘルシーぽいけど、塩分過多だし消化にいいとは言えないか。まあ、おいしかったのでヨシ。

ぬか漬けは先月から始めたばかりで、試行錯誤中。シイタケは巨大な干しシイタケを軽く洗って水気を拭いたものをそのままぬか床に埋め、丸3日経過したもの。ぬか床は冷蔵庫保存なので漬かるのが遅い。ニンジンも3日以上漬けないと生っぽさが抜けない。

干しシイタケはぬか床の水分を吸って、やわらかく戻っている。酸味があるので、好き嫌いが分かれそう。単独だと食べづらくても、お粥やご飯に混ぜるとおいしい。シイタケに火を通してないのが気になるけど、大量に食べなければ大丈夫と思う。細かく切ってマヨネーズと合えたりすると、ちょっと変わったタルタル風になりそうだ。

今日はお粥でおとなしく過ごそう。仕事もはかどるかな。

photo/玄米+黒米のお粥にニンジンとシイタケのぬか漬け、市販のごま塩昆布をトッピング。混ぜご飯風でおいしかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちゅう乗り

April_kabuki_sujigaki9日、歌舞伎座夜の部。

今月の歌舞伎座はニザタマカン(仁左衛門・玉三郎・勘三郎)の競演でチケットが入手困難に。一般発売初日夜(当日は勉強会だったので出遅れたorz)にアクセスしたものの1等席の1階は最前列の端ぐらいしかなく、あとは2階しかなかった。なんとか取れた席に16時半ギリギリに駆け込む。前の方で中央付近ではあるけれど花道が半分ぐらいしか見えない。うーむ、これで1階と同じ価格とは…。

「将軍江戸を去る」「勧進帳」「浮かれ心中」。真山青果の重厚な台詞劇、歌舞伎十八番の傑作、井上ひさし原作の喜劇という濃厚な番組構成だ。

続きを読む "ちゅう乗り"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛宕にて

                       Seishoji_and_forest_tower

5日、青松寺での「花まつり」長唄のイベント終了。

会場の青松寺の観音聖堂は正面の高いところに観音像が安置されていて、教会の礼拝堂のようなモダンな造り。その観音像を背面の頭上に掲げ、杵屋正邦作曲・三弦二重奏曲「春興」を弾く。

幕のない舞台で、ギャラリーを前に三味線を持って歩き、座る。一連の所作がキレイにできない。着物を着慣れていないのがさぞバレバレだったはず…。

続きを読む "愛宕にて"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

花まつり

Hanamatsuri_01 Hanamatsuri_02

この週末、お寺で三味線を弾くことに。広いお堂で三味線はどんな音色になるのだろうか。

場所は愛宕の青松寺。ここで行われる「花まつり」は、長唄、歌劇(語りと歌)、クラシック演奏、合唱などさまざまな音楽で彩られる。今年のイベントに合奏曲で出させていただくことになった。はい、足を引っ張らないように頑張ります…。

桜は散り始めているけれど、春のひととき、みなさまぜひぜひお越しください! 長唄は5日(土)17:00~。入場無料です。境内は蓮の花の光のオブジェで幻想的な空間になっているとか(3/31~4/8)。こちらもぜひお楽しみに。

釈迦降誕祭「青松寺 花まつり」

日時:2008年4月5日(土)17:00~、6日(日)14:00~
場所:青松寺観音聖堂(入場無料)
     東京都港区愛宕2-4-7
       東京メトロ日比谷線「神谷町」駅 3番出口 徒歩8分
       都営三田線「御成門」駅 A5番出口 徒歩5分
       慈恵医大病院向かい

プログラム:
●5日17:00~
《第1部》三味線と長唄
出演/杵屋佐吉、杵屋佐臣、門下一同 曲目/三弦二重奏曲「春興」、「吾妻八景」
《第2部》物語と歌「お釈迦様の誕生」
脚本/山本清多、語り/西川明(劇団民藝)、歌/牧川修一、五十嵐修、松本宰二、木村俊光、演目/青松寺オリジナル作品「お釈迦様の誕生」
●6日14:00~
《第1部》チェンバロソロ
演奏/佐野美友子 曲目/D.ブクステフーデ「プレリューディウム ト長調 BuxWV163」、J.S.バッハ「アンナ・マグダレーナ バッハのための音楽帳より」他
《第2部》女性だけのアカペラ・カルテット
出演/XUXU(しゅしゅ) 曲目/ラロ・シフリン「スパイ大作戦のテーマ」、BEGIN(森山良子作詞)「涙そうそう」、チャイコフスキー「くるみ割り人形組曲より」他

青松寺オフィシャルサイト⇒コチラへ!

photo/「青松寺 花まつり」イベントのチラシより。「花まつり」は4月8日だが、イベントは土日に設定されている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さくら

Sakura卯月朔日。

桜がもう散り始めている。葉桜もまた風情があるけれど。年々早くなる桜の開花。この週末までは持たなさそうだ。

photo/満開の桜。本日、豪徳寺近くにて撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »