« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

バジル

Basil5月も終わりというのに、昨日今日とやけに寒い。

しかし、バジルは元気いっぱいで、どんどん大きくなっている。草丈5~6cmになった。小さいけれど姿かたちがバジルぽくなってきて、窮屈そう。間引きしてないし。そろそろ鉢に上げなくては。

発芽のようすは⇒コチラ

photo/小さいけれど、いい香り!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘夏マーマレード

                    Marmalade

                    Marmaladeprocess

久しぶりにMacから更新。SafariとIEでは画面表示の雰囲気がずいぶん違う。

昨日、急に予定変更になり時間が空いたので、マーマレードを作った。南房総で買った大きな甘夏3個を使用。一般的なレシピでは、砂糖は素材の全体量(皮+果肉+果汁)の60%。今回は糖分50%と甘さ控えめにしたが、それでも砂糖は420gも入る計算だ。ケーキやジャムを作るとき、計量したバターや砂糖の量の多さにちょっと引いてしまうことがある。でも、それだけのものが入るからおいしくなるわけで…。

このマーマレードは、とろみがあまりつかなかった。皮を洗いすぎたのが原因かなぁ。種子と水を煮込んだペクチン液も入れたのに、プルプル感が出ない。砂糖を減らしたことも影響したのだろうか。

味はすっきり、甘苦のバランスがけっこうよいかも。甘夏のピールっぽくなったので、パンには塗りにくいけどね~。

photo/上・できあがった甘夏マーマレード。なんとなく見た目、乾き気味。色が濃いのはきび砂糖を多くしたから(きび砂糖7割、グラニュー糖3割)。
下・皮と果汁を混ぜて3時間経ったところ。そろそろ煮込み開始。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五月大歌舞伎@演舞場

21日、新橋演舞場にて五月大歌舞伎午前の部。

「毛谷村」「藤娘/三社祭/勢獅子」「一本刀土俵入」。緩むところがなく、最後まで楽しく観られた。熱すぎず冷たすぎず、ほどよい温度感。吉右衛門、歌六、歌昇、芝雀、錦之助、染五郎、亀治郎の面々による秀作をじっくりと楽しめた。

踊り三連作では、長唄、清元、常磐津の変化も堪能した。その前の「毛谷村」が浄瑠璃だから、異なる音楽ジャンルが連続で登場。これもまた充実感アリ。

今回は4列目だったので、役者さんの表情はもちろん化粧や衣装や小道具のディテールまで肉眼でバッチリ見えた。歌舞伎の衣装の柄や色、重ねの組み合わせなどを観察するのはとても楽しい。吉之亟サン(「毛谷村」お幸)と福助サン(「藤娘」藤の精)の衣装がすごく豪華だった。藤の精はものすごく愛想がよく、ニコニコ顔の舞。新鮮。

小屋を後にしたときの、ほのぼのした満足感がよかったな。派手派手な演目で押す濃厚な歌舞伎はもちろん楽しいが、まったりと楽しめる、こんな構成もいい感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツバメ

        Swallow

大雨につき、今朝は首都圏の交通が乱れている。仕事にも支障が出そう。早くやむといいのだが。

昨日(19日)、仕事で南房総へ。晴れているのに雨がパラリと落ちてきたり、妙な天気のなかで撮影。道の駅「富楽里」でツバメの親子に遭遇。ヒナはまだとても小さかった。去年も今頃、ここでツバメを見たがヒナはもっと大きかったと思う。今年は成長が遅いのかな。

photo/エサを巣に持ち帰ったツバメの親鳥。よーく見ると、ヒナのくちばしがのぞいてる!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローズケーキ

Rosecake少し前になるが、シリコンの焼き型を使ってみたくて、ネットで購入した。

バラの形のケーキ型… キャラに合わない!と笑われるほどのナゾのチョイス。しかも、型の色がまっピンク。はい、そうです。安くなっていたのでつい購入ボタンをクリックしてしまったものなんです。でも、買って正解。だって、こんなにかわいいケーキが焼けたから。

この型は生地の型離れがよくて扱いやすいけれど、シリコン素材だから熱の伝わり方が金属型と違い、焼き色もつきにくい。バラの形は思った以上にキレイに出るが、一般的なパウンドケーキのレシピだと、底になる面(バラの下側)がやけにふくらんで、妙な形になってしまう。何度かトライしているが、この型にベストと思える作り方がまだ見つからない。パウンドケーキでなくフィナンシェのような配合のほうがいいのかも。

photo/コーヒーとラム風味のローズケーキ。生地の水分を多目にしたさっぱりバージョン。表面の気泡の跡は…キニシナイ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミョウガ

Myougaミョウガの芽が、うちのベランダで生長中。ものすごい勢いで茎が伸びている。

食用部分は花(つぼみと苞)ということはわかっていたが、それがどこにできるかまでは知らなかった。ミョウガの花芽は一般的な植物のように茎葉の先につくのでなく、地下茎の先の土中からつぼみをにょきっと生やすらしい。

植えたばかりなので今年の収穫は無理かもしれないけれど、花が咲くようすもぜひ見てみたい!

photo/ミョウガはショウガ科ショウガ属の多年草。この新芽を軟化して育てると、ミョウガダケ(食べたことはない…)になるそうだ。写真は葉に光沢があるように見えるが、これは水をまいた直後のため。実際の葉の表面はもっとマットな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

-500g

Summer_cut_01_2愛犬まいっちも、この春で11才半になった。2年前に子宮蓄膿症で手術をしたが、その後はすこぶる元気。被毛の状態もよく、食欲も旺盛だ。

先日、狂犬病予防接種のときに健康チェックをしてもらったら、ついにダイエットせよ、との指示が。もともと膝関節に軽い脱臼癖があり、加齢で関節も弱ってきているから、体重を軽くして膝への負担を減らそうということだ。体重は変わっていないのに、以前より背中やお腹に脂肪がのってきている。メタボですな…。

Summer_cut_02目標は500g減。まいっちはポメにしては背も骨量もあり、体重は4.6~4.7kgで安定していた(判定はずっと標準ぎりぎりか、やや肥満)。最終的には4kgに、と獣医さん。膝も悪いしこの年で運動強化はキツいから、食事制限で落とすしかない。食事の嵩増しにはゆでたキャベツがいいとのこと。そういえばキャベツダイエットって流行ったっけ? 私も一緒に頑張るか~。

photo/先月、早くもサマーカットにしてすっきり。散歩では相変わらず「まだ子犬?」とよく聞かれるけれど、じつは歯も少し抜けてきているシニア真っ盛り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »