« 夏祭浪花鑑 | トップページ | 紅 »

AGATSUMA!

Agatsuma_cd21日(土)、上妻宏光 Tour 2008 @ COTTON CLUB。この日2回目のSHOWに行った。

上妻宏光(津軽三味線)、秋田慎治(ピアノ)、 佐藤“ハチ”恭彦(ベース&サックス)のトリオ。どんなジャズセッションになるのか、ワクワクしながら開演を待つ。コットンクラブへは初めて。ブルーノートに似た雰囲気のジャズクラブで、今回はテーブルの自由席を予約した。受付開始早々に現地へ行ったため我々は一番前のテーブルの2列目あたりの席をGET。ステージはすぐそこ。上妻サンが目の前に!

曲は「我風」「竹田の子守唄」「フラジャイル」「風林火山」「キャラバン」「イングリッシュマン・イン・ニューヨーク」「宴」、そしてアンコールで「ソリチュード」。オリジナル、スティングの名曲、ジャズの定番で構成。スティング好きなんだね~。

上妻サン本人がステージでも言っていたが、通常は三味線ではやらないような実験的な奏法をふんだんに取り入れられている。とくに撥の使い方が独特で、音のバリエーションもじつに多彩だった。左手のハジキ音の響きや、撥を使わず指でピッキングする微妙な音などは、生の三味線とはまた違うエレキ三味線ならではの表現で、見応え&聴き応えアリ。津軽三味線の音が違和感なくジャズに溶け込んでいてカッコいい。

昨年のツアーではパーカッション、ギター、ピアノなどバンドっぽい編成のステージだった(@テアトル銀座)。同じ曲でもトリオで聴くと、全然違った印象に。「風林火山」に「ソリチュード」、ジャズバージョンもすごくよかった。

MCの合間に弾いてくれた津軽じょんがらのフレーズに感激。昨年のツアーでは確かアンコールで披露してくれたのだが。今回のツアーは趣向が違うため、ステージで演奏しないのももちろん納得なのだけど、できればフルバージョンで聴きたかった! 

photo/日々愛聴している上妻宏光のアルバムたち。手前の「蒼風」と写真には見えないけど「BEAMS~AGATSUMA II」がとくにお気に入り。セカンドアルバムの「BEAMS」(2002年)、これでワタシはアガツマにハマったのです。

|

« 夏祭浪花鑑 | トップページ | 紅 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/41630368

この記事へのトラックバック一覧です: AGATSUMA!:

« 夏祭浪花鑑 | トップページ | 紅 »