« EURO2008 | トップページ | AGATSUMA! »

夏祭浪花鑑

Q.この写真を撮った場所はどこでしょう?
ヒント/大阪ではありません。

         Kuidaore_taro

                   *

                   *

                   *

                   *

                   *

A.渋谷です!
6月13日(金)、Bunkamuraのシアターコクーン入口にて撮影。

コクーン歌舞伎「夏祭浪花鑑」を観に行ったら、入り口にこの「くいだおれ」人形が。正式な名前は「くいだおれ太郎」。浪花の男の物語、太郎サンが応援してまっせ~♪というノリらしい。15日までコクーンに滞在とか。

道頓堀の「くいだおれ」は今年の7月8日に閉店することが決まっている。太郎さんの行く末を気にかけつつ、以下、芝居の感想など。「夏祭浪花鑑」はコクーン独特のノリもあり、まさに祭りという感じで楽しめた。渋谷バージョンはベルリンでやったものより何十分も短いそうだが、休憩込みでだいたい3時間。あまり長すぎても疲れるし、このぐらいがちょうどいいかも。

今回は花道脇の席だったので、縦横無尽に駆け回る役者さんたちを本当に間近に観られて、大満足。泥よけのビニールシートもかぶったけれど、こちらまで跳ね返ることはなく。あれは役者さんが泥に飛び込んだしぶきをよけるものでなく、花道を走るときの跳ね返りをカバーするものなんだね。花道は泥の足跡だらけになっていた。勘三郎サンの足跡もしっかりついていたよ。

今日からキャストが一部変わっている。うーん、それも観たいのだが。師匠、千秋楽まで頑張ってくださいね~。

photo/渋谷に出張中のくいだおれ太郎さん。

|

« EURO2008 | トップページ | AGATSUMA! »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/41592271

この記事へのトラックバック一覧です: 夏祭浪花鑑:

« EURO2008 | トップページ | AGATSUMA! »