« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

おからでクラッカー

Okara_biscuit最近、おからを使った料理にハマり、いろいろなレシピに挑戦中。真空パックになったおからが近所のスーパーで売られており、適度に水分が飛んでいて使いやすく、重宝している。

あまり甘くないクッキーやパンが食べたいと思い、おからのクラッカーを作ってみた。参考にしたレシピでは植物油を使用、砂糖ナシ、白ごま入り。全粒粉、はちみつを加え、白ごまナシにアレンジ。おからは電子レンジで水分を飛ばし、すべての材料を混ぜてめん棒で伸ばし、フォークで穴を開けて切れ目を入れる。それを焼いてできあがり。生地は扱いやすく、ショートブレッドのようだ。

できあがりは香ばしく、塩味のきいたソフトビスケットのよう。しっとりしておいしい! よく焼いたつもりだが、時間が経っても硬くならずソフトなままだった。軽く二度焼きすると、硬くなってパリッとしたクラッカー風になった。しっとりもいいけど、ハードタイプも美味。

4cm角1枚で約33kcal。食物繊維が豊富でいい感じ。ポタージュスープに浸したらおいしかったよ~。

※おからクラッカーのレシピを参考にさせていただいたHP
やさしい食卓の「おからクラッカー」

            Okara_biscuit_charred

photo/上・おからと全粒粉のクラッカー。材料/おから100g、全粒粉40g、薄力粉30g、グレープシードオイル大さじ2弱、塩小さじ1/2、はちみつ小さじ2。180℃で15分。
下・生地が薄くなってしまった端っこは焦げ焦げに! 均一に生地を伸ばすのは難しい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SATC

22日夜、池袋にて映画「SEX AND THE CITY」。観客はほとんどが女性。私も学生時代からの友人と女2人で鑑賞した。小さな上映館だったが空席がけっこうあって、ちょっと意外な感じ。26日で上映終了のところが多い。上映期間34日、短いようだがこんなもの? 

テレビドラマは第6シーズンをほとんど観ていないので、映画の人間関係にちょっと戸惑った(しかもドラマの4年後の設定だし)。キャリーはビッグと寄りを戻し、サマンサはハリウッドへ。シャーロットは養子を得ており、ミランダの息子はもう5才。NYのアラフォー仲良し4人組にもいろいろな変化があったようだ。

序盤の流れが少し冗長に思ったけれど、途中から展開がスピーディになって、2時間越えの長丁場も飽きることなく一気に観られた。楽しかったのは、ウェディングドレスの撮影シーンやさまざまなパーティやイベントシーンで着飾ったキャリーたちの姿。SATCは衣装も楽しみのひとつだが、映画ではとくにドレスがキレイで、眼福。サマンサとシャーロットの着こなしがよかったなぁ。

登場人物の性格付けや行動は、ドラマより何かエスカレートしていて違和感を覚える部分もあった。ビッグの悩みとキャリーとのすれ違いをもうちょっと丁寧に描いていれば、2人の行動がもっと理解できたかも(気持ちはわかるが、その変化が唐突な印象)。しかし、恋愛、友情、家族、仕事についていろいろ考えさせられたし、ジーンとくるシーンもいろいろあったよ。そして、見終わった後は、いつものSATCと同じ。元気が出て、明日も頑張ろうと思えたのが、一番の収穫。女はいつもかわいく、元気で前向きでいないとね!

4人の中では、熟女サマンサの“男前”度がパワーアップしていて、カッコよかった。あの性格、たまりませんw ああ、第1シーズンから、ドラマを通しで観たくなってきた~。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋鯖

         Akisaba

14日、南房総にて撮影。連休も仕事、仕事~。

帰りに保田の漁協直営の食事処「ばんや」へ。南房総へ行ったときはここで遅めの昼食をとるのが常だが、今回は15時前という半端な時間にもかかわらず、激混み。「ばんや」は今では観光バスも立ち寄るほどの人気店で、昨日は本当にすごかった。連休だからか。夏休みの時期よりもアクアラインを通る車は多く、海ほたるもバス用駐車場を一般者に開放するほどの混雑ぶり。ガソリン値上げをモノともせず、みなさん車でガンガン出かけてます。

日焼けした人たちでごった返す店先にて30分ほど待ち、我々もようやく着席。本日の私のオーダーは、「秋鯖の塩焼き」を定食で。同じテーブルで朝獲れ寿司、アジフライ、イカのかき揚げ、鯖の味噌煮も頼んだが、アジフライ単品がまず出てきて、一番時間がかかりそうな焼き鯖が次に出てきた。そして味噌煮。どうやら、寿司やかき揚げは注文過剰で調理が追いつかないみたい。人気メニューだしね。

お皿にどーんと盛り付けられた鯖の塩焼きにまずビックリ。頭から尻尾まで30cm弱とやや小ぶりだが、まるごと1匹が1人前。焼き鯖の香ばしいにおいが食欲を刺激するが、食べきる自信はなく、半分をみんなでシェアしてもらった。脂がのっていて、うまーい! 新鮮なので脂っこくても胃がもたれない。揚げたてのアジフライ、イカのかき揚げも相変わらず美味で満足。

秋鯖の次はおいしい秋茄子の料理が食べたいなぁ。あれ、秋茄子も嫁に食わすな、でしたっけ? 

photo/秋鯖の塩焼き。身が締まっていておいしかった~。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

空飛ぶ円盤

Flyingsaucer6月初旬に種をまいたアサガオが今週に入ってようやく開花。摘心が甘かったのか、つるだけがあちこちから伸び、なかなか花芽が出てこなかった。種まきから3ヵ月もかかるとは~。

美しいブルーのアサガオは、フライングソーサー(Flying Saucer)。空飛ぶ円盤という名前のセイヨウアサガオだ。おもしろいネーミング! うちで咲いた花は種のパッケージの写真よりも青みが強く、なかなか渋い。花ことばは「真夏の夢」。クールなこの花で、残暑を楽しむとしますか。

photo/セイヨウアサガオ‘フライングソーサー’。今朝の花はきれいな青の絞り。昨日は全体が薄青で濃い青のスポットが全体に入っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クマさん蜂蜜

           Suebee_honey_01

           Suebee_honey_02

このなんとも微妙な表情のクマさんは、Sue Bee Honey(スー・ビー・ハニー)のボトル。蜂蜜といえば「くまのプーさん」を思い浮かべたりするのだが、このSue BeeくんはPoohさんのように故郷はイギリスではなく、アメリカ生まれなのだ。

甘味料などは使われておらず、100%天然のクローバーの蜂蜜。アメリカのお菓子から連想される強烈な甘さを想像しがちだが、甘みはそこそこ。味も香りもクセがなく、使いやすい。

最近の朝ごはんは、ミューズリー、オールブラン、ヨーグルトにきな粉とこの蜂蜜を少し加えたもの。さらにバナナやリンゴ、グレープフルーツを加えるとかなりいい感じ。コントレックスを飲みだしたこともあるのだろうが、夏バテで疲れぎみだった胃腸の調子もずいぶんよくなってきた。

photo/「Sue Bee Clover Honey」340g入りのクマさんボトル。渋谷の成城石井(東急東横店B1F)にて購入。横から見たシルエットもかわいい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アジア予選

ワールドカップ2010アジア最終予選、バーレーンvs日本は2-3で日本の勝ち。生放送を観ようと思っていたが睡魔に勝てず、朝のニュースで結果を知る。

現地の気温は昼間40℃にもなると聞いたが、それではちょっとした移動も大変そう。夜間はずいぶん温度が下がるにしても、慣れない者にとってはその温度差がキツいはず。後半終了間際に2点立て続けに入れられたみたいだが、日本チーム、電池切れ?

FWさんの得点はなかった模様。ああ、また。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

寄せ植え風?

Lettuce__asatsuki長月朔日。ずいぶん涼しくなったと思ったら、また暑くなった。連日の雷雨に植物たちも調子があまりよくなさそう。

猛暑を避けて、室内で育てていたベビーリーフ(レタスなど)の鉢から、にょきにょきと細長い芽が生えてきた。アサツキだ。この鉢は、アサツキの花が終わって地上部が枯れたところに、ベビーリーフミックスの種子をまいたもの。

種まきをしたのは8月初旬。菜っ葉が食べごろになってきたと思ったら、アサツキが一気に伸び出してきた。ついこの間までアサツキの芽などまったく見えなかったのに、1週間ほどでこんな状態に。小さなキッチンガーデン。寄せ植えぽくて、なんだかおもしろい。

photo/室内の窓辺に置いているが、昨今の雨模様で日照不足ぎみ。晴れている間にちょっと移動させて、日光浴。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »