« 七草 | トップページ | 2月大歌舞伎 »

弁天小僧

Jan_enbujyo_sujigaki19日、海老蔵@演舞場・夜の部で歌舞伎初め。昨年に引き続き、なぜか今年も海老蔵サンの芝居が最初になった。師匠も2年連続でご出演ですね~。

今回は弁天小僧の勢揃いのために、花道がよく見える席にしたかった。2階右側の舞台近くのチケットを入手。2等とはいえ思っていた以上に舞台も花道もバッチリ見え、後ろも気にならず落ち着ける良席だった。

「弁天娘女男白浪」白浪五人男は、浜松屋、勢揃い、極楽寺(屋根・山門・滑川土橋の場)とこれだけでお腹いっぱいになりそうな構成。というか、かなり満腹にナリマシタ。海老蔵サンの弁天小僧はマッチョ系で、とにかく喧嘩が強そうw お浪はかわいらしかったけど、オネエな感じが最初からそこはかとなく漂ってきておりました。だから、弁天小僧菊之助へのチェンジもスルリ、と。そこに驚きがあったほうがよいのだろうけど、男とバレてからのべらんめぇ口調がハマっていたし、最後まですごく楽しめた。勢揃いの決め台詞、極楽寺の立ち回り(長かったね~)もおもしろかった。

冒頭の「七つ面」は、テンポよく楽しい舞踊。海老蔵サンに7つのお面を次々と手渡す後見さんの動きにも注目して魅入ってしまった。リズム感と反射神経がないと、大変そうだ。

「恋飛脚大和往来 封印切」では、獅童サンがよかった。ちょっと情けない色男の忠兵衛。その役どころが獅童サンにとても合っていた。上方の和事が意外に(失礼!)この人に合うんだろうなぁ。大阪弁ネイティブスピーカーの私でも、獅童サンの上方言葉はあまり違和感なかったし。門之助サンがいい味で、芝居を引き締めていた。

海老ちゃんワールドを今年も堪能でき、新春から満足満足。明日は玉サンの「鷺娘」鑑賞っす!

photo/新橋演舞場「初春花形歌舞伎」筋書。この富士山のデザイン、シンプルでいいな。

|

« 七草 | トップページ | 2月大歌舞伎 »

「歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/43843175

この記事へのトラックバック一覧です: 弁天小僧:

« 七草 | トップページ | 2月大歌舞伎 »