« 新皿屋舗月雨暈 | トップページ | おくりびと »

世界の亀山モデル

         Rimg0566

お彼岸に入って一気に暖かくなり、今日も晩春のような陽気。

パソコンを新調したついでに、テレビを買い換えた。SHARP AQUOS LC37DS5/W、そうです、「世界の亀山モデル」ですよ~。ついでというには大きすぎる買い物だが、PCまわりを整える(VAIOのドッキングステーションとか、外付けHDDとか、VISTAになったのでAdobeのソフトのバージョンUPしたりとか、MacのHDD取り換えたりとか etc.)ために、家電ショップに通ううちに気が大きくなり。勢いって怖いっすね。

で、そのテレビが昨日我が家にやってきた。ブラウン管(しかもフラットではない、表面に丸みのある画面だった)21インチのアナログ映像から、フルハイビジョン液晶37インチのデジタル映像へ。液晶の大画面テレビは、よそで観ても「ああ、きれいだね」と何か他人事のような感じだったが、自宅で観るとその進化ぶりにやはり驚く。前のテレビはコンポジット端子しか使えなかったので、D端子でつなげたDVD機器やPS2の映像のきれいさに感動。テレビ放送よりも、こっちの差のほうがスゴイかな。PS3を買って、バイオハザード5をやろう。そう決意したワタクシです。

白のAQUOSは圧迫感がなく、すっきりした印象で気に入った。しかし、気になる点が…。フレームに「世界の亀山モデル」と太めの明朝体で印刷されたシールが貼られているのだ。WindowsマシンにOSやIntelのシールがついているが、あれはロゴマークだし、本体に貼りたいという気持ちもわからないでもない(でも、買ったらすぐに剥がすけど)。でも、この「世界の~~」シールはいったい、何のために貼られているのか。AQUOSロゴはすでにフレームにプリントされているし、「世界の亀山モデル」という言葉をあえて本体に、しかもシールで追加するのはナゼ? 展示品だけでいいのに、と思うわけですよ。

このシールが、本体のシンプルなデザインを壊してしまっている。残念。シャープの「亀山モデル」はひとつのブランドのように認識されるようになったが、このシールがあるから正規品だとか、価値が高まるというものでもないだろう。テレビに限らず、こういうシールって剥がすのに大変だったりするから、やたら安易に貼らないでほしいのだが。

photo/答弁する麻生首相でなく、フレームに貼られた「世界の亀山モデル」のシールに注目。このあと、剥がしちゃいました~。

|

« 新皿屋舗月雨暈 | トップページ | おくりびと »

デジタルもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/44397494

この記事へのトラックバック一覧です: 世界の亀山モデル:

« 新皿屋舗月雨暈 | トップページ | おくりびと »