« 指にヘルペス | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

ゴーヤのカーテン

Tsurureishi 関東もついに梅雨明け。今週、天気は一気に真夏になってしまった。

わが家のベランダは南西向きで、冬はそこそこ暖かくてよいのだが、夏は過酷な環境となる。強光と猛暑との戦い。水やりは朝夕だけでは足らない。昼間、気温が高い間に水をやるのはよくないのだけど(土が暑いので水がお湯になってしまうため)、午後にざっと水をかけておかないと、夕方にはほとんどの植物がシオシオになってしまう。水をよく吸うハーブや野菜は、とくにそう。ミントやバジルは水切れになるとすぐにしおれて葉先が茶色くなるし、鉢が小さいともう大変。1日3回の水やりでも不安な感じ。そういえば、乾燥にけっこう強いローズマリーも枯らしてしまったことがあるなぁ。多肉植物も夏はけっこう意識して水をやらないと、すぐにシワシワになり、やがて枯れたりする。

そこで、今年は「緑のカーテン」に挑戦中。壁面に植物を這わせることで光をやわらげ、植物が光合成によって排出する水により空気の冷却効果も期待できるという。ここ数年、エコブームにものって、官公庁や学校、会社が率先して、この壁面緑化に取り組んでいるようだ。自分でもアサガオを毎年タネから育てたりしているが、うちは5階で風が強いため、つるがうまく巻かず、壁面を覆うほど大きく育ったことがない。そんな劣悪な環境だけど、今年は暑さが少しでもマシになればと思い、ゴーヤ、キュウリ、セイヨウアサガオのタネをまき、地味に育てている。

数日前からの(今日もすごい)強風で、アサガオのつるが折れたり、ちょっとやばくなってきている。しかし、ゴーヤとキュウリは元気。ゴーヤは2メートル近くになったかな。鉢植えのイタリアントマトも、花がすぐ落ちてしまったりしていたが、とりあえず小さな実がつきはじめている。これも、丈は低いが枝が張るので日陰を作ってくれている。

本日、ゴーヤのつぼみを発見。これは白いゴーヤなのだけど、どんな花が咲くのかな。

photo/くるくる、かわいい! ゴーヤのつると葉

|

« 指にヘルペス | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »

「ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

ちゃくちゃくと成長してますねー。
実家のゴーヤはもう収穫が始まり、
夏の間は、これでもかー!って程日々ゴーヤー尽くしだそうです。
自家製のとれたては瑞々しくて、シャキシャキで美味しいですよー。
ゴーヤー棚の下に暮らす犬はゴーヤーや葉っぱは食べませんが、
熟れて爆発して飛び散った種は凄い勢いで食べます。
甘くて美味しいんですよ〜。

投稿: すみちゃん | 2009.07.16 21:26

コメントありがとうございます~。
レス遅くなりすみませんcoldsweats01
ようやくゴーヤの花が咲き始めたんですよ~。
熟れて爆発するとちょっとグロい、もといおもしろい形になりますよね。
でも、甘いんだ。タネが獲れるまで、見守ってみます!

投稿: yu-chika | 2009.07.22 15:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/45639765

この記事へのトラックバック一覧です: ゴーヤのカーテン:

« 指にヘルペス | トップページ | 暑中お見舞い申し上げます »