« 節電の街にて | トップページ

ありがとう

Arigato 地震があり、その影響で勉強会(「五條橋」。男性陣に混じり、あの曲を弾くという恐れ多い番組でございました。練習、下浚いと積み重ね…あんなに消耗したのは初めて。裏を返せば、あれほど集中したことがかつてなかったということでしょうか。反省、そして今後の糧に!)が中止になり、緊張の糸が緩んだところへ、愛犬まいっちの具合が悪くなり…。

3月24日、まいっち永眠。腎不全を患い、14歳と5ヵ月14日の命だった。人間でいえば70代半ばになる頃。見た目は最期まで子犬のようだったけど、しっかり老年にさしかかっておりました。

具合が悪くなってちょうど7日で絶命。ギリギリまでご飯を食べたし、入院中も獣医さんが驚くほど目に力があり、血液検査の数値からはあり得ないほど元気で。前回のこのブログの記事を見ると、亡くなった日の前夜に更新。あのときは、退院できると思っていた。具合はよくないけど、少しは落ち着くと先生も私も思っていた。しかし、容態は急変し、眠るように…。吐いたり、もらしたり、苦しんだりする姿を見せず、きれいなままで旅立ったまいちゃん。それは、あなたのプライドだよね? きれい好きだったもんね。汚い姿を私に見せたくなかったのかなと思う。ふだんから具合が悪くても、無理していたのかもしれないと思うと本当にせつないし、もっと早く病気に気づいていたらと悔いが残る。でも、悔いてばかりではいけない。新たな旅に出るまいっちをきちんと送ってあげなければ。

まいっちは立会個別火葬に出した。ポメラニアンの中ではやや大柄だった彼女はやはり骨太で、尻尾の先まできれいに骨が残っていた。5mmほどの小さなパーツも絵に描いたような、いわゆる骨の形。喉仏も大きく、立派なお骨だったことに感心。個別火葬に出し、骨上げまできちんとしたことで、なにか気持ちが吹っ切れた。悲しいけれど、清々しいような不思議な感覚。これが、彼女の死を受け入れるということなのだろうと思った。

地震、愛犬の死とまさに怒涛の日々だった、2011年の3月。私の中で、いろいろなものに対する価値観が変わったように思う。生物もそうでない物もきわめて脆く、儚いもの。あっという間に崩れ、なくなってしまう。無常感というか、儚さに思いを巡らせ、命ってなんだろうといろいろ考えたり。けれど、時間は止まることなく流れ、日常が過ぎていく。いろいろなものに感謝し、毎日を大切に過ごさなくては。前をしっかり見て、歩いていこう。こう思うようになったのも、まいちゃんのおかげだと思っている。

ありがとう、まいっち。

|

« 節電の街にて | トップページ

「ペット」カテゴリの記事

コメント

可愛い、ほんとに可愛いまいっちちゃんが永眠したんですね。
心より、お悔やみ申し上げます。
長唄の記事がきっかけだったか、貴女のブログを拝見するようになり、愛犬がうちと同じポメだったことにも親近感を勝手に覚え、ブログに登場するまいっちちゃんの愛くるしい笑顔に、とても魅かれていたのですが……
さぞかしお寂しいことと思いますが、
どうぞお力落としのないよう、
お元気でお過ごしくださいますように。

投稿: suisui | 2011.04.20 22:55

>suisuiさん
温かいお言葉、ありがとうございます。
彼女が居ない生活にもようやく慣れてきました。まいっちに笑われないよう、しっかりしないといけないなと思っています。
がんばります~confident

投稿: yu-chika | 2011.04.21 18:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/113332/51438257

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう:

« 節電の街にて | トップページ